Macのmobile.meというサービスが6月30日付けで終了するので、MacのiWebというソフトで作っていた私のホームページを移転することにしました。

新しいホームページはこちらです。(このブログは変わりません)
Moka's Photos
そっくり移動しただけなので、見た目は何も変わりません。ただアドレスが違うので、万が一ブックマークを付けていらっしゃる方がいらしたら、変更をお願いいたします。

最近、MacはOSの更新が早くて、一般弱小ユーザーはついて行けません。
今回mobile.meからiCloudへの移行では、我が家の3台のMac&主人の仕事場のMac同期でてんてこ舞いをさせられました。iCloudというのは、コンピューターがLionという最新バージョンのOSでないと使えないのですね。一番ハードユーズな仕事場のMacが2代前のOSだったため、同期がうまくいかず、もたもたしたため更にファイルの消失などというトラブルになったのでした。

私は普段は変化を好むタチの人間ですが、今回ばかりは、ユーザーを置いてきぼりにしたMacの性急な変化にいらだちすら覚えます。



太平洋ゴミベルトという言葉をご存じですか?

世界で作られるプラスチックゴミの10%は海に流れ込んでいるそうです。
日本やアメリカからのゴミは太平洋に流れ、海流に乗り、10年以上の時間をかけ最後はハワイとカリフォルニアの間の海域で渦を巻いてたまるそうです。そのゴミの海流の大きさが、テキサス州の2倍というから驚きです。

実は先日のカリグラフィーの詩、Whirlingをキーワードにした詩は、この太平洋ゴミベルトを題材にした作品の一部でした。
カリグラファー全員ではありませんが、私の先生を筆頭にナチュラリストが多いように思います。
カリグラフィーで書く題材もこのような、社会問題を含むものが少なくありません。

カリグラフィーを習い始めて静かに字を書く時間を手に入れただけでなく、現在の生活を振り返ってみたり、未来の世界を考えたりする時間を与えられた気がします。


太平洋ゴミベルトのウィキペディアはこちら

TEDというサイトをご存じですか?
さまざまなジャンルのプレゼンテーション(レクチャー)を集めたサイトです。
英語のリスニング教材にも最適です。
アカデミックなので、内容も充実していますし、著名人も多く講義しています。
ここでは、太平洋ゴミベルトについてのレクチャーをご紹介します。
TEDチャールズ・ムーアが語るプラスチックの海

早速、グーグルの広告を消す方法を教えてもらいました。

Thanks!
やっぱり教えてもらうってすごい!
絶対自分ではわからなかったと思います。

だって「アカマイ」なんて聞いたことなかったし。

簡単に説明すると、FC2の管理者ページから環境設定を開けて、ブログの設定→アカマイの設定、アカマイの表示を利用しないにするそうです。

アカマイとはグーグルを通すとブログの表示が高速になるというサービスのようです。そのサービスを受ける代わりに広告を載せるらしいですョ。アカマイを非表示にすると、ブログの開きが遅くなるそうで、あまりに遅い時は戻せばいいかなと思っています。

ただ現在のところ「非表示」にしても「1週間は表示するが有効になっています」というメッセージがでるだけで、広告は消えません。

1週間したら自動的に消えるのでしょうかね。
楽しみ。


インターネットのニュースで取り上げていたので、ご存じの方も多いと思いますが、海外のCMでとても素敵なものを知ったのでご紹介します。

なんだか涙が出そうになります。
世のお父さん、もちろんお母さんも息子娘達も皆、シートベルトはきちんと締めましょうね。

"Embrace life" 素敵なキャッチコピーですね。
日本語にすれば「抱きしめて、命」でしょうか。

('embrace' 実は最近ようやくかっちり覚えられた単語です。これでさらにイメージも付いて忘れられない単語になるでしょう)


2008.11.24 Calligraphy
Calligraphyの作品展がありました。
普通は、気に入った詩とか名言などを書くのですが、多少英語の読書をする身としては、誰かが選んだ詩や名言集から引っ張ってきた格言などより、自分が実際読んで気に入った箇所を書きたいと思っています。
ただそのように今まで本を読んできていないので、ではどの本のどの箇所?と迫られると何も浮かびませんでした。
で、今回は、今まで自分が読んできた本のタイトルを書く、ということにとどめました。2008年11月現在で私が好きだと思う本を13冊上げてみました。

カリグラフィー作品

字が読めませんね。左の上から
GEORGE'S SECRET KEY TO THE UNIVERSE
THE INVENTION OF HUGO CABRET
TUESDAYS WITH MORRIE
ANNE OF THE ISLAND
MISS RUMPHIUS
THE GARDENAER
MATILDA
THE LIBRARY
SOUND OF MUSIC
SOMEDAY ANGELINE
THE SENSE OF WONDER
A LITTLE HOUSE IN A BIG WOOD
HARRY POTTER & THE DEATHLY HALLOW

右側はWalt Disneyの詩です。
There is more treasure in books than in all the pirate's loot on Treasure Island.
...And best of all, you can enjoy these riches every day of your life.

Enjoy reading!