上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.02.20 洋書2冊


YL 3.0
8,500語

モーセの子どもの頃のエピソード。聖書の物語でもあるけれど、かなりやんちゃ坊主だったように書かれています。もちろんこの長さなので、あっさりあらすじだけですが、久しぶりにサクサク読めました。



次に、The Black Pearl by Mandy Loader Macmillan
を読みました。
YL3.0
9,300語
舞台はなんと韓国で、結構「うらめしや〜」的な話で、これもササッと読めました。
久しぶりにページをめくる手が止まらない本でした。

アマゾンではもう販売していないようです。

スポンサーサイト
芦屋、青山、パリに視点を持つ大好きなお花屋さんのアイロニーが福岡でブーケのレッスンをしてくれるというので、行ってきました。アイロニー風の束ね方は難しいのですが、花材がステキなので大満足。明日にでも自然光で撮り直しましょう。

IMG_3365_2018010921510110f.jpg


IMG_5715 (1)


後日、太陽光で撮影しなおしました。と言っても、夕方でとてもくらい室内ですが。シャッタースピード2秒です。笑
それでも、蛍光灯の光とは違います。
ブーケは最終的に5回ぐらい組み直しました。難しい!!
最後はバラして撮影しました。

ブーケは難しい。またいつかチャンスがあったらチャレンジしましょう。
IMG_3396.jpg

ミモザ編
IMG_3410.jpg

スィートピー編
IMG_3418.jpg

終わりかけのパンジー
IMG_3427_2018011319131960c.jpg




7,309語
YL 3.0

ノーベル平和賞を取ったマララさんの本です。
さらっと彼女の生い立ちを知るにはいいと思います。簡単なのに私は読むのに時間がかかってしまいました。
2017.04.08 GIFT
桜満開の今日、「GIFT」を読了しました。

IMG_1842 (1)

5年前に他界されたご主人からもらったGIFTを綴ったものです。プレゼントという意味ではなく、精神的に受け継いだもの、という意味でしょうか。
この本を読んで、私もGIFTのお裾分けをいただいたようです。

15000語
YL5.0
2017.01.11 Two Old Women


YL 3.2
17,000語

読みかけを読み終わらせよう月間ですが、この本は1/3ほど読んでいましたが、もう一度最初から読み直しました。

最初に読んだ時もこの本は「好み!」と思ったのですが、なんで途中で止まったのでしょうね。
私は比較的シリアスなものが好きなのですが、この本はちょっと重めです。(最後はちょっと愉快です)

これは簡単に言うと「姥捨て山」のような話しです。
アラスカが舞台で、ある老婦人ふたりが、グループから置き去りにされます。寒さのとても厳しい冬のこと。食べるものもなくて、一族も口減らしのために80歳と75歳のold womenをグループから排除し、グループは次のキャンプ地へと移動してしまうのです。猛吹雪の中、ふたりは途方に暮れ、その場で死を待ちます。でもぎりぎりの所で、「このまま死を待っていてもしょうがない、行けるところまでがんばってみよう」という思いになり、ふたりの死闘が始まります。
動物や植物の名前は見慣れない単語が出てきますが、それ以外は平易な英語です。

サブタイトルに An Alaska Legend of Betrayal, Courage and Survivalとあります。ある種の教訓かもしれません。

久しぶりの割にサクサクと読めました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。