上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7,309語
YL 3.0

ノーベル平和賞を取ったマララさんの本です。
さらっと彼女の生い立ちを知るにはいいと思います。簡単なのに私は読むのに時間がかかってしまいました。
スポンサーサイト
2017.04.08 GIFT
桜満開の今日、「GIFT」を読了しました。

IMG_1842 (1)

5年前に他界されたご主人からもらったGIFTを綴ったものです。プレゼントという意味ではなく、精神的に受け継いだもの、という意味でしょうか。
この本を読んで、私もGIFTのお裾分けをいただいたようです。

15000語
YL5.0
2017.01.11 Two Old Women


YL 3.2
17,000語

読みかけを読み終わらせよう月間ですが、この本は1/3ほど読んでいましたが、もう一度最初から読み直しました。

最初に読んだ時もこの本は「好み!」と思ったのですが、なんで途中で止まったのでしょうね。
私は比較的シリアスなものが好きなのですが、この本はちょっと重めです。(最後はちょっと愉快です)

これは簡単に言うと「姥捨て山」のような話しです。
アラスカが舞台で、ある老婦人ふたりが、グループから置き去りにされます。寒さのとても厳しい冬のこと。食べるものもなくて、一族も口減らしのために80歳と75歳のold womenをグループから排除し、グループは次のキャンプ地へと移動してしまうのです。猛吹雪の中、ふたりは途方に暮れ、その場で死を待ちます。でもぎりぎりの所で、「このまま死を待っていてもしょうがない、行けるところまでがんばってみよう」という思いになり、ふたりの死闘が始まります。
動物や植物の名前は見慣れない単語が出てきますが、それ以外は平易な英語です。

サブタイトルに An Alaska Legend of Betrayal, Courage and Survivalとあります。ある種の教訓かもしれません。

久しぶりの割にサクサクと読めました!





YL3.0
2,398語

ただ今数年間分の「読み途中の洋書を終わらせてカウントする月間!」です。
これもあと数ページなのに止まっていた本でした。なので5分で完了!

読み終わらせるようにしようと思ったのは、友人が教えている高校で多読を取り入れるので、本をお貸しすることになったからです。お貸しするには巻末に語数を書いておくのだけど、私は読了しないと語数を書かないので、お貸しできない本がごろごろ出てきたのでした。なので、簡単な本から読みまくります! 借りてくれる友人に感謝!

お正月どこにも行かなくてのんびりしていたら、本を読みたくなりました。やっぱり本を読むにはゆったりとした時間が必要ね。(本を読まない人の言い訳です) でも読み始めるきっかけには時間というかタイミングが必要かも。
読んでいない時はこの程度でも「よっこいしょ」と重い腰を上げないとダメですが、読み始めると、鼻歌を歌いながら読めます。(実際にはしないけどね!)
本当に久しぶりにエンジンがかかりそうなので、この気分を大事に育てて、今年は読むぞ! と宣言したいです。笑




9,000語
YL 3.0

去年どれくらい洋書を読んだか調べたら、まさかの3冊。語数にして14,831語。DMM英会話ではAdvancedのマテリアルを読んだり、Daily Newsを読んだり、今はMedical Englishを読んでいるから、英語を全く読んでいないわけではないけれど、あまりにお粗末な数字なので、手元にあった、去年読みかけていたこの本を終了させました。

やっぱりもっと読まないと。簡単な本を。今年は本を読もう!(毎年言ってるけど)
で、こんな本を買ってしまいました。



400ページもある地球の歴史の本。読まないだろうなあと思いつつページをめくると、英語はそんなに難しくない。でも字が小さい。(致命的!)
でも手元にあることがうれしい感じの本。図鑑や辞書みたいな感じ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。