上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人が、この映画のクラウド・ファンディングをしていて、Facebookで「絶対見てね!」アピールが激しかったので、ようやく見て来ました。
何というか、「いい映画だったね、」というひと言では済まされない映画だったと思います。

広島から呉にお嫁に行った「すずさん」という女性が主人公。本人も言っているように、ちょっとぼーっとしたあまりさえない女の子です。でも、だからこそ、一生懸命毎日生きています。そこに戦争の足音が近寄ってきて、空襲が始まります。最後は遠くに見えるキノコ雲。つまり戦争の映画のようなんだけど、「戦争映画」ではない。人々が過酷な状況のもとでも、冗談を言ったり、笑ったり、物のない生活を工夫して乗り切る様子が丁寧に描かれています。でもどの戦争映画よりも、戦争の真実を伝えている様な気がするのです。
実写なら描けないディーテールをアニメなら描けることもあると思います。

監督はすべてをなるべく真実に近づけるように、かなり資料を集めたようです。空襲を受けた日の天気、気温。原爆前の広島の町並み。そこにいる人々まで、戦前にすんでいた人々から写真提供を受け、お店の名前を始め、家族構成まで忠実に描き込んだそうです。

私は、母が戦時中に機銃掃射を受け、畑の中を逃げ惑い、最後は溝に飛び込んで難を逃れたという話しを聞いていたので、同じようなシーンを見た時に、初めて幼い母の恐怖を身近に感じることができました。

いい映画とか、面白い映画、そんなくくりではなく、ひとりでも多くの人に見て欲しい映画です。

「この世界の片隅に」


スポンサーサイト
「鑑定士と顔のない依頼人」を観てきました。



何を書いてもネタバレになりそうなので、ストーリーについては触れないでおきましょう。

ストーリーはともかく、予告編にもあるように、素晴らしい美術品やアンティークの数々。音楽。
そして私の好きなモチーフ。オートマタ(機械仕掛けの人形)
この映画を見て、私って、機械好き(歯車好き)だったんだと認識。
最後のプラハのカフェ、現実にあるなら絶対行きたい!!

しばし上流社会のゴージャスな世界に浸りました。

映画は、私は楽しかったですけれど、一緒に行った主人は今ひとつだったようです。
PG12です。


2013.07.31 風立ちぬ
風立ちぬの映画を見てきました。



いい映画でした。

大人の映画です。映画のジャンルで言ったらヒューマンドラマ部門でしょう。決して、「宮崎アニメ」と思って、子ども達と夏休みに行かないように。子ども達はきっと寝ます。お母さん達も?

映画の半分は飛行機の設計場面とテスト飛行の場面です。


ロマンスを期待するほどロマンスでもないし、戦争映画でももちろんありません。
その時代に生きた若者のまっすぐな生き方が淡々と書かれている感じでしょうか。静かな映画です。

堀辰雄の「風立ちぬ」を読んだ後と同じような心象風景です。

「風立ちぬ」という題はその後の、「いざ生きめやも」と続く句の最初の部分です。
関東大震災があり、第二次世界大戦があり、愛する人が死に、命をかけて作った作品「飛行機(零戦)」が1機も帰ってこなくても、やはり「いざ生きめやも」なのでしょう。



飛行機が好きな人、夢に向かって生きるのが好きな人はお勧めです。


結局進路変更してしまったけど、航空工学に行きたかったムスコにお勧めかも。

... 続きを読む


友人オススメの映画を観てきました。
辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画です。

食するということ全般からいのちを繋いでいくことの大事さを強く思いました。

おなかがいっぱいになればいいというものではなく、栄養素が足りていればいいというものでもなく。
食物の命をいただき、手を掛けて愛する人の命を守っていく行為。料理とは愛なんだなと改めて感じました。

特に人生終末期の食事は飲み込むこともできなくなり、スプーン1杯のスープで命を繋ぐ日々。

一度一度の食事を大事に、丁寧に。
背中をしゃんと伸ばして、命を考えさせられた良い映画でした。



著書も読んでみましょう。図書館に予約いたしました。

ショーヴェ洞窟というのをご存じですか?
私は3日前まで知りませんでした。

35,000年前のエイラのお話を読んでいて、現在のフランスにあたる場所にある「岩屋」に住むというのが、洞窟とどう違うのかよくわからなかったのでネットで調べていました。
すると「ショーヴェ洞窟」という単語が引っかかるようになって、32,000年前のフランスにある洞窟で壁画が1994年に発見されたというのです。ほぼ同じ年代、同じ場所!!

よく見るとそこのドキュメンタリー映画ができたそうで、しかも、20日まで福岡のKBCシネマで上映しているというのです!これは見に行くしかないでしょう。ということで昨日見に行ってきたのでした。




ラスコー洞窟は15,000年前です。その倍以上古い洞窟です。
絵は、イラストのようでもありマンガのようでもあります。サイの角が8本も描いてあったり動物の足が1頭にたくさんあるのがあります。サイが角を動かしながら「ドドド・・・」と突進してくる様子が、まるで絵が動いているかのように見えます。レレレのおじさんの足がたくさんあるのと同じ手法です。(笑)

この映画はまるでエイラの物語とリンクしているようで、エイラを読んでいない人は、おもしろさが半減するかもしれません。

まず、「岩屋」の感じがわかりました。
ショーヴェ洞窟は儀式のための洞窟だったそうです。
前夜に死者の魂を霊界に戻すという儀式の箇所を読んでいたので、映画の映像がそのまま読んだところのイメージに入れ替わりました。
また、壁画に描かれている動物もすべて本の中に出てきた動物たちです。ケーブベア、ケーブライオン、馬、トナカイ、バイソン、マンモス、オオカミ、ハイエナなど。

映画の中には、物語の中に出てくる、フリントのナイフや槍、投槍器も見ることができました。「投槍器」というのは私は弓のようなものを想像していました。映画ではまっすぐな棒のようなものが槍を投げる道具として紹介されていました。
またジーンアウルが記述したとおりの女神像(土偶のようなもの)も出てきました。

まるで物語が本当にあったことを裏付ける映画のようでした。もちろん逆ですけれどね。

今回は2Dでしか見られませんでしたが、いつか3Dでも見てみたいです。
興味のある方はぜひ。20日までです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。