2007.04.15 Who Was Anne Frank?
0448444828Who Was Anne Frank? (Who Was...?)
Ann Abramson Nancy Harrison
Grosset & Dunlap 2007-01-11
YL 3.2
9,000語
正直に言って、未だに「アンネの日記」は読んだことありません。
チャンスは何度もあったのに、怖くて手に取れませんでした。
同様な理由で、フランクルの「夜と霧」も読むことができませんでした。
今回、こんなお子様の本だし、概要はやはりわかっておかなければと思い、思い切って読んでみました。
ご存じの方には笑われるでしょうけれど、私はアンネはガス室で死んだのだとばかり思っていました。
子供の時、テレビのドキュメンタリー番組で見た気がしたのですが、恐怖心が先立って、思い違いをしていたのですね。
やはり、怖くてもちゃんと現実を見なくてはいけないと、この年になってまた知らされました。

2007.04.04 Kaze Hikaru 1
1421501899Kaze Hikaru 1 (Kaze Hikaru)
Taeko Watanabe
Viz Communications 2005-12-15

8000語
YL 5.5
マンガが続いています。
先日"Hikaruno Go"を読んでいたら、高校生の娘が「これも読んで見たら?」と言って、貸してくれたものです。
新撰組のマンガです。
ヒカルの碁もそうでしたが、日本文化の濃いマンガは逆に読みづらいです。
日本語ローマ字が入り乱れているので。
最近、マンガの顔の識別ができなくなってきました。皆同じ顔に見えます。
以前はこんなことなかったのに。
英語の難しさと人の識別の難しさで、マンガなのに読むのに時間がかかりました。
ストーリーは面白そうです。

<覚えた単語>
Shogunate 幕府でしょうか
clan  Mito-Clanというような形で何度か出てきました。水戸藩でいいのでしょうか。
一派とか、党という訳が辞書には載っています。
一度、簡単なのでいいから、日本の歴史を英語で読むのもいいかもしれません。
外国の人に聞かれたときに、英語で少しでも説明できるようにしておきたいものですね。

2007.04.04 不都合な真実
427000181X不都合な真実
アル・ゴア 枝廣 淳子
ランダムハウス講談社 2007-01-06

洋書を買うか、和書にするか迷いました。
結局、家族も見る、見てほしいと思ったので、和書にしました。
本が良かったので、映画も見に行ってきました。
ゴア氏は、最近自宅の電気代などでいろいろマスコミに叩かれていますが、彼の伝えたいことは、しっかり受け止める必要があると思います。
もし、あの時、ブッシュでなくこの人がアメリカの大統領になっていたら、世界はどう変わっていたでしょうね。

危機はゆっくり来ているのではありません。
急激に変化しているのです。

ぜひみなさんに読んで頂きたい本です。

1594865671An Inconvenient Truth: The Planetary Emergency of Global Warming and What We Can Do About It
Albert Gore
Rodale Pr 2006-04-30

洋書はこちらです。


... 続きを読む