上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 チリの地震
チリで大きな地震がありました。

とっさに友人のロドリーゴとクリスチャンは無事だろうかと心配になりました。
彼らは昨年日本に来ていたチリの研修員です。

昨夜すぐにメールを打ってみました。
チリ全土で停電というニュースが流れていたので返事はいつ来るだろうかとクビを長くして待っているつもりでした。
ところが思いも掛けずに二人からすぐに返事が来ました。

二人とも家族も皆無事なようです。ホッとしました。

それにしてもメールというのはすごいですね。
テレビのニュースを見ていても、オリンピックや、日本に来る津波のことばかりでなかなかチリのニュースが入ってこなかったのですが、個人のメールの方が素早く情報をつかめるとは。
ツイッターならもっと早く多くの事がわかるのでしょうか。

彼らのメールの中で、チリの状況を伝えている部分をちょっと引用させていただきます。
心配している人も多いと思うので。

Internet and mobiles are collapsed and there are still some less intense earth movement. The news said that it was stronger than Haiti´s earthquake but the damage was considerable less. Hopefully, we live in a country that has experience in this kind of situations as in Japan, so despite the strong quake I believe that most of the buildings, bridges, undergrounds and roads are still in good conditions in most of the country, but the government is still evaluating the real damage.

その後のメールで状況がちょっと違ったという事が書いてあります。
Things aren´t as good as I thought in first time. Highways and many bridges collapsed in the south of Chile, many buildings were broken down and there was a Tsunami in a Chilean island and in some cities in the south coast. But not many people is dead considering the strength of the earthquake. There are still power cut off in some areas of the capital city and communications are still difficult sometime.
The aftershocks are keeping people very alert but hopefully they are not as powerful as the main one. Some people prefer to sleep outside tonight but I hope that normality will come in a few days.

もう一人からのメールはこちらです。
It was tremendous, is the most incredible experience I have ever had. You feel so humble against nature´s power.
The rest of the country is quite a disaster. The place were I usually go during vacations is no more, vanished.
We are still experiencing some replicas, there´s a lot of scared people and the electric and water suplies stations around the country are trying to normailize their services. It was hard for our country, but it was considerably less harder and expensive than in Haiti...
I don´t truly know, but I belive the earth is complaining.

Peace and love for all the species...

最後のthe earth is complaining...という部分にドキリとしました。
そして、Peace and love for all the species.に胸を打たれました。
(彼は南米人にもかかわらず、常に本を片手に一人でいるのが好きな哲学者でした。)

チリの人たちや、ハイチの人たちが一日も早く平安な日々を送れますよう、心から祈りたいと思います。

スポンサーサイト
ミモザを買いにお花屋さんに行ったのに、珍しい深紅のラナンキュラスがあったので、こちらを買ってしまいました。
今年はラナンキュラスにばかり目がいってしまします。

深紅がとてもきれいだったので、もっとシックにスタイリングしたかったのですが、合わせるいい色の花や葉がなく、白の小花を買ってしまいました。

なんか違うなあ・・・と思ってブログに揚げるのを止めようかとも思いましたが、ブログは記録簿でもあるので、この組み合わせはイマイチという記録もあっていいかと。

色ももっとずっとシックで、色っぽい大人の女性の雰囲気だったのに。
色調補正をもっとアンダーにすべきでしょうか。

うわ~っ、きれい! と思った感動が写真に写らないとなんかもやもやしますね。


赤ラナンキュラスweb
2010.02.26 丸いパンジー
2月7日に載せましたクラシックパンジーです。
お花屋さんではこのように丸いブケーにして売っていました。

丸いままでいくつか写真を撮り、その後自然な感じにグラスに挿して写真を撮りました。

今見ると、丸いのもかわいいかなと思って、加工してみました。

Moka's Photoのフォントが変わったの気がつかれました?

ちょっとエレガントにしてみました。
そのうち、自分で書いたものをスキャナーで取り込んで使いたいと思います。
それまでは、既成フォントでがまん。


パンジー丸web
ルーとおさんぽ

お天気のいい日は、カメラを持ってお散歩に行きます。
本当はリードを外して写真を撮りたいけれど、一度この川の土手から大脱走したことがあるので、用心用心。

家族総出で捜索して、結局どこにいたか・・・

マンションの管理人さんから携帯に電話があり、「お宅のワンちゃんお預かりしています」って。
1キロ弱の道のりを猛ダッシュで帰り、マンションのオートロックも他の人と一緒にすり抜け、エレベーターの前でウロウロしているところを管理人さんに見つかったらしいです。

捜索は、ひとりは南側の道、ひとりは北側の道を走り、私は、ルーが帰ってくることを想定してマンションの周りで待機していたのに、気づかないうちにすり抜けられてしまったのですね。

普通は放しても遠くへは行かないのですが、その日は花火の大きな音がして、一目散に逃げ帰ったようです。
信号もある大きな通りがあったのに、大事にならなくて本当によかったです。



DSC02371.jpg
TOEICの結果がオンラインで発表されました。

ようやく800点の壁を超え、810点となりました。
リスニング440点、リーディング370点です。

775点を取って800点を意識してから、3年がたちます。
795点を取って、あと一息と思ってから20ヶ月。

自分のスローな成長にイライラもしますが、休まない限り、こういう日も来るのですね。

800点を意識したのは5年前。
熊本のとあるレストランで、某酒井先生(笑)に「英語を教えたいなら最低800点は必要でしょう」と言われたからです。
ご本人は現在はそういうお考えではないようで、「そんなこと言ったかなあ、言うわけないよ」とおっしゃるので、「某」にしてあります。
でも証人はいます。(笑)

その時615点だったので、700点を目指すだけでも大変なのに、800点は雲の上。
5年かかって、ようやく800点を超えました。
700点は1年ちょっとで超えたのですが、その後が超停滞。



さあ、これで英語を教えてもいいのでしょうか。
ってまだまだ英語が出来るようになったとは思えませんけれど。

誰か英語を教えて欲しい人いませんか。
初級から英検2級位の方まで。

多読教室も始めたいのに、どこかに生徒さんいませんか。
本もあるし、多読への愛も理解もあるのに・・・


それにしてもリーディングは、まだまだ成長の余地がありますねえ。(笑)




次は900点を目指します。



日本人の知らない日本語2日本人の知らない日本語2
(2010/02/19)
蛇蔵海野凪子



さて、こちらの本、続編が出ていたのですね。
娘が早速買ってきて、貸してくれました。

このテの本は続編はちょっとインパクトが落ちるのが常ですけれど、この本は相変わらず爆笑させてくれました。


外国人が「日本化」することを、「畳化する」tatamiser(フランス語の新語)と言うらしいです。
どんな時に「畳化」したと思うかという問いの答えはこうです。
1.自国に帰っているのに、タクシーのドアが開くのを待ってしまう時(タクシーの自動扉は日本だけ)
2.肩が凝ったので、湿布を貼ろうと思った時(ヨーロッパには肩こりという概念がないそうな)
3.あいまいな回答をしてしまう時(ロシア人の回答)


また近年日本に来る外国人は、マンガやゲームの影響で日本に興味を持って来る人が多いそうで、マンガ・ゲーム日本語が多いそうです。

たとえば、道を聞かれ答える時、
「この道を行け、さすればコンビニに出会えるであろう」と答えたり、(ゲームの影響)
「私は本気だ」を「わたしはマジだ」と読んだり。(マンガの影響)


もちろん、私の知らなかった日本語の説明もたくさんあります。

例えば、「失礼極まる」と「失礼極まりない」はどちらが失礼かという質問には、
失礼極まるというのは、失礼の極限だが極限内、失礼極まりないは、失礼の極限を超えているので、こちらの方が失礼度は高いそうです。

先週仕事場にいる中国人の女性に、「せっかく」と「わざわざ」の違いを聞かれ答えに困ったことがあったので、このようなあざやかな答えには脱帽します。


最後にクイズをひとつ。
今では敬語がとても上手なイギリス人のエピソード。
知り合いの家を訪問した時、娘さんが玄関にでてきて、とっさに「父、いる ?」を敬語にしました。
さて何と言ったでしょう。

答えは・・・本書をお読みください。





2010.02.19 公園にて
とある公園で桜が咲きかけていました。
もちろんソメイヨシノではありません。

そこに大砲のようなカメラを構えた男性。
めじろを狙っていると話していました。

すると本当にめじろが飛んできて。
彼はライフル銃のように連射。つまり連写。

私は遠慮がちに50mmで。(望遠を持っていなかったので)
コンピューターに画像を落としても、どこにめじろがいたのかわからないほどで。
こんな感じ。

IMG_0371.jpg

上の写真ではありませんが、拡大するといました、めじろ。

IMG_0388.jpg

100倍くらい拡大しています。(縦横10分の1くらいを拡大しています)
でも結構ちゃんと写っているものですね。
先日友人が「望遠が要りますか?」と、言ってた意味が少しわかりました。

先の男性は500mmのレンズを使っていました。
あんな大砲、私は持てないし、買えないし。
コンテストに出すような作品は作れませんが、ブログに載せる程度だったら必要ないですね。



冬の公園で、木立の力強さに心打たれました。
木々に魂が宿っていると考えることが自然に感じられます。
百年、時には千年も生きている木々は、何を見、何を考えているのでしょう。
そんなことを考えながら、木々の写真を撮ってきました。

IMG_0364.jpg


IMG_0357.jpg

2010.02.19 紅梅
梅の花がきれいに咲いていますね。
ようやく写真を撮ることができました。

梅も桜も屋外でいい写真を撮るのは難しいです。

IMG_0347_2.jpg
2010.02.19 おすましRoo
お久しぶりのRoo君です。

イタグレにしては太りすぎですが、そんなことはお構いなしに、今日もテーブルの下でお座りをして、おこぼれを待ち続けます。

こんな瞳で見つめられたらねえ・・・

IMG_0326.jpg

早速、グーグルの広告を消す方法を教えてもらいました。

Thanks!
やっぱり教えてもらうってすごい!
絶対自分ではわからなかったと思います。

だって「アカマイ」なんて聞いたことなかったし。

簡単に説明すると、FC2の管理者ページから環境設定を開けて、ブログの設定→アカマイの設定、アカマイの表示を利用しないにするそうです。

アカマイとはグーグルを通すとブログの表示が高速になるというサービスのようです。そのサービスを受ける代わりに広告を載せるらしいですョ。アカマイを非表示にすると、ブログの開きが遅くなるそうで、あまりに遅い時は戻せばいいかなと思っています。

ただ現在のところ「非表示」にしても「1週間は表示するが有効になっています」というメッセージがでるだけで、広告は消えません。

1週間したら自動的に消えるのでしょうかね。
楽しみ。


2010.02.14 バナー変更
ようやくヘッダー部分の画像を変更しました。

いろいろなテンプレートの中では「本」の画像だったので気に入っていたのですが、ようやく自分らしい写真を撮ることができたので、模様替えしました。

やってみれば大したことないのですが、CSSとかhtmlのタグを変更するのは勇気が要ります。

あと、どなたか、googleの広告を消す方法をご存じの方いらしたら、教えていただけるうれしいです。
私がいつかどこかで広告OKのボタンを押したのでしょうか?


マーガレット縦web


本は大好きな赤毛のアン第3巻。
しおりは、昔テキサスで購入したもの。帰りの飛行機で、ナイフと間違われて荷物検査で引っかかった思い出の品。「ナイフを持っているだろう」「持っていない」と押し問答。だって、しおりを疑っているとは夢にも思わなかったから。
ステンレス製です。(笑)




2010.02.14 散歩
昨日朝のお散歩中に、「写真を撮ってもいいですか」と声を掛けられました。
やはり犬を連れたご夫婦です。
一眼レフを持っていらっしゃる。
雰囲気はプロカメラマン。

写してもらってHPのお名前を伺いました。ちゃんとアップしてありましたよ。

28mmの世界。
私は広角で撮ることがないので、とても新鮮です。


ルー君2

昨日のオフ会で(元々多読のオフ会ですが、最近なんのオフ会かわからなくなってます。カメラのオフ会?英語試験のオフ会?)私が、ソニーのコンパクトデジカメを買おうと思っていると話したら、「それではブログに載せたい写真は撮れませんよ」と一蹴。確かに。

オフ会の友人は、リコー GR DIGITAL IIIを持っていて。

う~ん。やっぱりこっちがいいかなあ。
普通のコンデジを持っていない我が家としては、1台は、オールマイティのカメラ(動画も撮れるもの)が欲しいけど。
主人に普通のコンデジ買ってもらって、私がリコーを買おうか・・・

どこにそんな資金があるのでしょう?
パソコンも買い換えたいのに。


If You'll Be My ValentineIf You'll Be My Valentine
(2005/12/01)
Cynthia Rylant

YL 0.5
200語


明日はバレンタインなので、バレンタインの絵本を。

タイトルの”If You'll Be My Valentine”って日本語にしにくいですね。
そもそもバレンタインのカードを贈り合うという習慣が日本にないですから。
文法もすべて無視して、「大好きなあなたへ」とでもしましょうか。

この本は、多読用の本を紹介するメルマガで知りました。
絵本が中心ですが、この方の選本はかなり気に入ってます。趣味が似ているのでしょう。

児童英語をしている方必見です。

1日1冊ウキウキ英語多読(原田まりこ)←クリック




2010.02.11 Kitchen Table Talk
Kitchen Table TalkKitchen Table Talk
(2003/11/15)
Kay Hetherlyケイ ヘザリ

12,000語
YL 4.0

少し前に読んだAmerican Pieの続編です。
この本の帯に「いい英語はやさしい」とあります。
いい英語だからかわかりませんが、格段に読みやすいのは確かです。

さて、私はこれから、明後日の英語のクラスでこの本を英語で紹介しなければならないので、スピーチ原稿作りに没頭します。(間に合うのか!)

結局ぶっつけ本番で、いい加減な英語をしゃべる可能性大です。ちゃんと準備すれば英語の実力も上がるのでしょうけれどね。

バレンタイン用の写真を撮りたいと思っていました。
でも、バレンタインの花って何?と思ったらなかなかイメージが湧かなくて。

赤バラでしょうか。
ピンクでしょうか・・・

お花屋さんに、気に入った花、色がなかったので、仕方なく白に。
小物で色が付けられると思ったのですが、我が家には「色物」がほとんどないのですよね。

自分ではこの組み合わせも気に入っているのですが、主人はひとこと「寂しいね」と。
がっくり。

チョコレートは箱重視で購入しました。もちろん自分で食べます。
(撮影の残りということを内緒にして、たまには主人にあげようかな。結局私が食べるんだけど)

wバレンタイン1


少しは色を、と思い我が家を家捜しした結果、出てきました。赤いガラスのオブジェ。
確か子どもの頃誰かからもらったか、自分で買ったか。記憶も定かでない昔から、私の引き出しにいつも転がっていたものです。結婚後10回も引っ越しをしたのに、捨てない私もスゴイと思いました。

赤がとてもきれいなのです。手の中にころんとした形もかわいいし。

で、写真を撮ったのですが、私以上にモノトーン好きな娘に一蹴されました。「コレなければいいのに」と。
センスを磨くって難しいですね。


wバレンタイン赤



おまけ
こんなのも撮ってみました。
ボケが足りず、お店の名前がしっかり出てしまいました。
別に回し者ではありません。
このお店でこの写真、使ってもらえないかしらね。


wバレンタインカリ


父の縁側、私の書斎 (新潮文庫)父の縁側、私の書斎 (新潮文庫)
(2006/08)
檀 ふみ

こんな装丁なので、古い本かと思っていました。
3年前に出たばかりなのですね。

最初の章が、父・壇一雄の終の棲家となった能古の島の話なので、なんだか身近に感じて引き込まれました。毎日能古の島を見て暮らしているので。

父・壇一雄のこと、東京・石神井にある家の事が書いてあります。
本の最後に建築家の人が「この本は住宅論だ」と言っていました。
題名にもなっている「縁側」の役割、土間の役割、古い家の良さ、建築家に頼んで建て替えた家の失敗談などが、彼女のユーモア溢れる文章で綴られています。
これから家を建てる人、一読なさることをオススメします。

それにしても石神井の家が、新しい道路建設のために壊されるなんて。
実家が割と近くなので、一度見に行けばよかった。
3年前の話だから、もう無いのでしょうか。


2010.02.08 Movie Night
月に1回友人がMovie Nightという集まりをしています。
最近、参加させてもらうようになりました。

12月の映画は、Christmas Carolでした。

クリスマス・キャロル (トールケース仕様) [DVD]クリスマス・キャロル (トールケース仕様) [DVD]
(2003/10/25)
マイケル・ホーダーンジョン・ル・メスリエール

クリスマスにふさわしい映画でした。


1月はお休みで、
先週の土曜日、2月のMovei Nightがありました。
今回はこの映画。ご存じですか?


ミルク [DVD]ミルク [DVD]
(2009/10/21)
ショーン・ペン


主人公はハーヴィ・ミルク。アメリカで初めてゲイであることを明かして公職に就いた人です。
実在の人物のドキュメンタリーな部分を多く残した映画です。

ゲイの公民権についていろいろ考えさせられました。
日本人は、ゲイとおかまの区別がついていないと、司会をするアメリカ人の先生が嘆いていました。
確かに私たちの身の回りでは、テレビに出るタレントしか知りませんよね。

生きていくために、仕事をするためにゲイであることをひたすら隠さなくてはいけなかった頃の話。
弱者に冷たいアメリカの一面がまた見えてきました。

アメリカのトラブルの多くは、宗教と政治が密接なところが原因だと思います。
聖書の解釈に基づいて政治をしてはいけないのではないでしょうか。


自分では決して選ばない映画も、大勢の友人達と見て、感想を話し合うのはとても楽しいです。全部英語ですが・・・
来月はどんな映画でしょう。今から楽しみです。



インターネットのニュースで取り上げていたので、ご存じの方も多いと思いますが、海外のCMでとても素敵なものを知ったのでご紹介します。

なんだか涙が出そうになります。
世のお父さん、もちろんお母さんも息子娘達も皆、シートベルトはきちんと締めましょうね。

"Embrace life" 素敵なキャッチコピーですね。
日本語にすれば「抱きしめて、命」でしょうか。

('embrace' 実は最近ようやくかっちり覚えられた単語です。これでさらにイメージも付いて忘れられない単語になるでしょう)


またまた写真です。

「花とカリグラフィーと写真」の第2弾です。
もう少しカリグラフィーの字が読めるとよかったのですが、花の色を暗くしたくなかったので、露出を明るめにしたら、白く飛んでしまいました。


福岡でちょっと素敵なお花屋さんをご存じでしたら、教えてください。
これは、天神の青山フラワーマーケットで買い求めました。

少ない花で人をうならせる写真を撮るには、花材が勝負ということもありますよね。

次は何を撮ろうかな・・・

パンジー&カリ1

結構お気に入り。


英検1級の結果がオンラインで発表されました。

結果はご報告する必要もありませんが、点数は55点でした。
「目指せ50点!」は、クリアです。
合格は77点なので、あと22点・・・先は長いですね。
それから、不合格Bでした。
これも「目指せ不合格B!」だったので、目標達成です。(と言っていいのでしょうか)

語彙、読解、作文、リスニング。
一番悪かったのは、なんと読解です。
でも多読効果がないわけではないと思うのですよね。
だって内容だいたいわかりましたから。「多読的にはOK」程度には。
(つまりわからないところは全部飛ばしているんだけど)
ただ設問がくせ者でね。回りくどい効き方だし。

リスニング問題も同様の理由で点数低いです。
聞けている割合と点数が釣り合いません。
設問を時間内に読み切れず全滅という箇所もありました。
受験後ネットを見ていたら、「リーディングの最後の10分はリスニングの設問を読むのに当てるべし」という記事があって、なるほどと思いました。
次回はリーディングの大問1つ捨ててもリスニングに賭けましょう。

結構びっくりだったのが、作文。28点中20点です。
合格者の平均が19点だそうですから、ここではもうあまり「伸び」は期待できないでしょうね。

落ちていてこんな事言うのはナンですが、楽しくなってきました。
やっぱりなんでも受けてみるものですね。
今まで幽霊のように英検1級を怖がっていましたが、対峙してみるとそこまで怖くもないことがわかりました。
(何度も落ちていくうちに別な怖さが見えてくるとは思いますが)

先は長そうですが、気長にがんばります。





2010.02.05 Rosa Parks My Story
Rosa Parks: My StoryRosa Parks: My Story
(1999/01/01)
Rosa ParksJim Haskins

40,131語
YL 5.0

ふう。ようやく本の紹介が書けます。

Rosa Parksさん、ご存じですか。
私がこの本にたどり着くには、まずオバマさんの大統領就任演説から始まります。
あの演説に感激して、黒人の人たちの歴史に興味を持ちました。
演説の中に出てきたキングの事を知りたくて彼の本を読み、その中にこのローザ・パークスの話が出てきて興味を持ったというわけです。

ただこの本、本人が書いたからか、私には少々読みにくかったです。
前半は淡々と家族の歴史、黒人の歴史が書いてあります。
表紙にもなったバス事件の話は半分過ぎてからようやく出てきます。

当時、バスはsegregated(分離)されていて白人の座る場所と黒人の座る場所は区分けされていました。
ある日彼女はガラガラだったバスに乗り座っていました。
途中から白人がたくさん乗り込んできて、運転手から白人に席を譲るようにと言われるのですが、ローザはそれを拒否し座り続け、逮捕されます。
それをきっかけに黒人がバスに乗ることをボイコットし、大々的な公民権運動に発展していきました。
その運動の中にキング牧師がいるわけです。

ひとつの歴史を、2冊の本、2人の人物を通して見ていくと、理解がより深まる気がします。

この本はちょっと長いですが、アメリカの歴史を知るには良い本だと思います。

ところで、キング牧師とデモ行進をする彼女は、いつ亡くなったと思いますか?
インターネットで調べたら、2005年だそうです。
歴史上の人物と思っていたのですが、つい最近までご存命で、公民権運動の母として、講演活動をしていたようです。

この本の最後に、黒人の人権は少なくとも法律の上では差別されなくなってきたし、最近は州知事に選ばれる黒人も出てきて、歴史を感じると書いてあります。
彼女が後3年長生きすれば、オバマ大統領が見られたのにと思うと、残念です。

オバマ大統領の就任演説で涙を流していた老人達の顔を思い出します。
彼らは、こういう歴史を肌で感じて生きてきたのでしょう。
あの涙の重さを、少しだけわかった気がしました。





写真のホームページにPost Cardを追加しました。

よろしければこちらもごらんください。
http://web.me.com/okada5/mokasphotos/post_card.html


橙ラナンキュラス3

昼間、というか夕方の明るい光の中で前回のラナンキュラスを撮り直してみました。

わざとセピア色にしたわけではなく、こういう色になってしまいました。
もっと黄いろかったのですが。
光が強すぎたのでしょうか。

加工で黄色を強くしようとしましたがうまくいきませんでした。
あきらめてこんな感じ。
まあ、実物とは違いますが、結構レトロっぽくてこれはこれでいいかなと。

芯の色が最初は黒っぽかったのですが、だんだん緑色になってきて。
このラナンキュラス素敵です。


橙ラナンキュラス2
こちらが黒バックです。

夕方で光量が少なく黒バックにすると余計シャッタースピードが遅くなり限界でした。
手ブレするので三脚を使用しています。
三脚を使用するとフレーミングが自由にすぐに変えられないのが辛いですね。
でもピントも心許ない上に手ブレもしたらボケボケになるので、何かはあきらめないと。

あ、もちろん日中明るい時に撮り直せばいいのですが、仕事もあるので・・・

オレンジラナンキュラス黒

F2.0
補正 +1
シャッタースピード 1/20
ISO 800
三脚あり

バックはB3イラストボード
両面色違いで5枚ほど持っています。
私は、白、アイボリー、薄いピンク、ピンク、薄い緑、水色、黒等を持っていますが、ショッキングピンクなど濃い色も買えばよかったと反省中。
色遊びが手軽に出来て、スタイリングの勉強になります。

私が撮る場所はテーブルが小さく、レフ板を置く場所がなく苦戦しています。
譜面代に立てたり、三脚に貼り付けたり・・・
もう少し広いテーブルもしくは板だけでもいいのですが準備したいと思います。
バック用のレースのカーテンも欲しいし。

写真、いろいろお金がかかりますねえ。


2010.02.01 TOEIC 受験
ふう。
2週続けての試験週間が終わりました。

今まで試験を受けていても知った人には会わなかったのですが、先週に引き続き、先週英検1級試験で会った学生さんにまた会いました。しかも今回はすぐ後ろの席で。
2週続けて試験を受ける物好きが、私以外にもいるとは。

さて、結果はどうでしょうね。
おととい大学でTOEICのリーディングセクションの模擬テストをしたのですが、「わりと出来た」と思ったら、まさかの310点。ここ5年で最低の点数でした。2週前に受けたリスニングのスコアと合わせても690点にしかなりません。
ここ数年700点代をウロウロするものの600点代に落ちたことはありませんでした。
しかも自分の「手応え」が大幅に狂ったことに焦りました。
出来なかったと思って出来なかったのなら、自分の「手応え」は合っているので、そんなに心配ないのですけれど。

つまり、今日の「手応え」も「まあまあ」なので、600点より800点までのどこかでしょう。(笑)

でも昔に比べたらTOEICの問題もそんなに恐れなくなりました。
「慣れ」というのでしょうね。

時間が余ることはありませんが、とりあえず最後まで行くようになりましたし。
後は正確さですよね。
60%は確実に取れていると思います。
10%は取れていると確信しているけど、読み間違いやケアレスミスで間違えている可能性があります。
20%はこれだ!と思うけど自信がなく、当たればいいなという感じ。
10%は完全に勘のみです。

さあ、こんな感想で、何点になりますか。
1ヶ月後をお楽しみに。


さて、今回もまた 
試験が終わったので花を買いました。

オレンジランナンキュラス

大好きなデルフィニウムもお花屋さんにはあったのですが、やはりこの時期、真っ青なお花を買う気になれず、春らしい色と思ったら、先週と同じ色調になっていしまいました。
先週は黄色のラナンキュラスにオレンジがかったスイートピー。
今週はオレンジがかったラナンキュラスに黄色のバラです。(笑)

ホント代わり映えしなくて。
しょうがないので、バックを変えて撮ってみたのですが、どうでしょう。
黒バックもあるのですが、加工する元気がないので、今日は1枚だけ。

フォトショップで加工している時と、ブログに載せた時の写真の色が変わるのが気に入らないのですけど。
やはりブログ用に相当画質を落とすからでしょうね。
露出も変わってしまうので、ブログに載せると色が飛んでしまうような。
プリンターで印刷すると暗めになるので、どうしても明るめに補正してしまうのですよね。

スタイリングも加工もまだまだ満足いくものにするには修行が必要なようです。
写真、難しい~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。