2010.06.24 童話物語
まったく、Kane and Abel が終わっていないというのに、何読んでいるんだろう。

でも和書はラク~。

どこかで「感動」する童話。と書いてあって、すぐに図書館に予約しました。
批評というのは良すぎても、感動が減るのでよくないですね。
それほどでも・・・と思ってしまいます。
でも、感動しないのかというとしてないわけではない。
職場の昼休みに読み切って、涙を隠すのにちょっと苦労。

最近の若い日本人が、こういう童話を書けるようになったのね、とちょっと別な意味で感動したりして。

童話物語というタイトルからイメージする少女っぽいファンタジーではありません。
だいたい童話物語って、日本語おかしくない?話の話って言ってるみたいで。でもたぶんこれは、指輪物語に何か引っかけたかったんでしょうね。
宮崎駿のアニメになったら良さそうな、空中飛行もあるんだけど、妖精もでてくるんだけど、はっきり言ってグロい。スプラッタな童話です。

話のテーマは「憎しみ・怒り」「暴力・貧困」

宮崎アニメにはならないでしょうねえ。



童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦



童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)童話物語〈下〉大きなお話の終わり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦


2010.06.20 ねじ花
朝の犬の散歩時に、ねじ花を発見しました。
子供の時から、この花が好きで、芝生の中に咲いているのを探して歩いたものです。


IMG_0037_20100620232904.jpg


今回は、この1本だけしか見つけられませんでした。
ねじ花は小さいので、少し離れると見失ってしまうのですが、この花がどこかにあるという事実が、芝生全体を愛しい物にします。

この辺にあったはず、と、翌日の散歩でまた見つけるが、朝の散歩の密かな楽しみです。


2010.06.20 バジル!
友人のハーブガーデンからバジルをたくさんいただきました!
部屋中みずみずしいいい香り!

さっそくジェノベーゼソースを作りましょう。

でもレシピを見ると保存のため、洗った葉っぱを少し乾かして水分を完全に取らないといけないよう。
まあすぐ食べてしまうと思うのでそんなに気にしなくてもいいかもしれないけど。

とにかく洗って、ベランダで乾かしているところです。
緑がきれいでしょ。

IMG_0002_20100620093217.jpg


チチンプイプイ、おいしいジェノベーゼソースになあれ!




できたぁ!
IMG_0007.jpg


材料
ー適当

以上

では申し訳ないので、参考にしたレシピは
バジル100グラム、松の実100グラム、オリーブオイル100cc、にんにく1片でした。
詳しくはこちら

でも市販品で買った松の実は20グラム(300円)、無くてもいいと聞いていたので、それだけ入れました。
ニンニクは好きなので、2片、オリーブオイルは適当に回し入れて。
あと塩こしょう、こもれびガーデンさんのハーブソルトも少し入れました。好きなので。

さっそく塾に行く息子のお弁当サンドイッチに入れました。
気がつくかなぁ。








友人と友人の家にホームステイしているスイス人の女性が来てくれました。

女性3人なので、家に来てから3人で買い物に行き、夕食を作りました。
メニューは、スイス人の方の提案でチリコンカンに決定。
彼女がメインシェフでした。

お料理はこんな感じに。
チリコンカンにジャガイモがいっぱい入ってとてもおいしかったです。

IMG_0079.jpg

食事の後にはバイオリンも弾いてくれました。

おいしくて楽しいひとときでした。

(でもなんでチリコンカン?)

2010.06.16 あおさぎ2
ご好評につき(?)前回載せましたあおさぎの連写分を一挙公開致します。
トリミングの仕方が均一でないのはご容赦を。

でもあんな重そうな身体、なんで浮くかなあ。はじめに浮く瞬間が不思議ですよね。

IMG_0293.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0295_20100616081138.jpg

IMG_0296_20100616081138.jpg

IMG_0297.jpg

IMG_0298_20100616081138.jpg

IMG_0299.jpg

IMG_0300.jpg

IMG_0301_20100616081230.jpg

IMG_0302.jpg

IMG_0303.jpg

IMG_0304.jpg

IMG_0305_20100616081339.jpg

IMG_0306.jpg

2010.06.14 JUSTICE
ハーバード大学の講義の一部がyou tubeで見ることが出来ます。
”Justice”という題名で、政治哲学の授業だそうです。
現在NHKの教育テレビでも取り上げていて、日曜日午後6時から7時に放送されています。



英語は聞き取りやすいのですが、何せ内容が哲学なので、中身がよくつかめません。
こういう英語がわかるようになりたいのだと、久しぶりに目標が明確になりました。

アメリカの考えるJusticeとは何か、非常に興味があります。

本も出ていて、翻訳もされています。
私もまだ読んでいませんが、必ず買って読もうと思います。


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデルMichael J. Sandel



今日は英検1級の試験でした。

前回初めて受けた時は、緊張もしたし、意気込みもそれなりにあったのですが、今回はボロボロです。
前日熱を出して寝込んでいたこともあり、今回は受験をスキップしたい気持ちでした。
でも受験料かかっていますしねえ。

こんなひどい試験結果しか出せない試験は受けるものじゃないと今更ながら思いました。
ちゃんと勉強して受けるべきだとね。当たり前のことなんだけど。

でも何年経ってもこの試験は受かる気がしません。
何から手を付けていいのかもわからないし。

前回は、「気持ちよく玉砕」という表現をいたしましたが、今回は「非常に不愉快に玉砕」です。

ただ、唯一の救いは、1級合格間近かと思われる友人が試験終わって開口一番「今回すっごく難しかった」と言っていたこと。前回よりやっぱり難しかったのかなあ。

次回受けるかは保留。
ただ、8月の末に通訳ガイドがあるので、それは「不愉快に玉砕」にならないように、ちゃんと勉強しようと思いました。そう思えるようになっただけでも受けた甲斐があったのでしょうか。
今回は本当に「反省多し」です。

2010.06.11 あじさい4
実家のガクアジサイ

IMG_0025_20100611223318.jpg


昔バレエを踊っていた時、レ・シルフィードという妖精の衣装の頭飾りがこんな感じでした。


庭の葉陰にひっそりと、まだ妖精がいるような気がします。



先週末、東京へ帰った折に、オルセー美術館展を見てきました。
同時にやっている六本木のボストン美術館展と悩んだのですが、美術館自体も見たかったので、こちらにしました。
よく知った絵がいくつもあり楽しかったです。

orseys.jpg

今回は、最近写真を撮っていることもあって、構図を中心に見てきました。
時代の流行もあるでしょうけれど、「どうしてこういう構図になるのだろう?」というのもいくつもあり、考えさせられました。



国立新美術館は、とても美しい建築ですね。
3階より撮りました。

IMG_0014_20100611000259.jpg


2010.06.10 あじさい3
もうすぐ梅雨入りですね。

実家の庭もあじさいが見頃になりました。
ちょきちょき切らせてもらって・・・


IMG_0151_20100610234046.jpg

年を重ねると共に、ますますあじさいが好きになっていきます。
ガクアジサイも大好きです。


2010.06.09 papabubble 2
papabubbleの写真をさらに撮り続け、やはり私は「花がないとね」ということで花を足してみました。
いかがでしょう?
おひなさまのような色使いになりました。
私には珍しいcolorfulな写真ですね。

みんながしあわせな気持ちになりますように!

papabubble_20100609191708.gif


2010.06.09 papabubble
娘からのプレゼントで、papabubbleのキャンディーをもらいました。

papabubbleは中野にお店があるそうです。
本家本元のホームページはこちら

もとは、スペインのお店だそうです。
でも作り方はもろ金太郎飴、世界共通なのでしょうね、こういう作り方。
すっごく小さくてキュート。
なのに、とってもjucyです。

お味もいいけれど、私がまず最初に思ったのは、「写真が撮れる!!」



で、撮ってみました。
こんな感じ。
IMG_0035.jpg

おいしいですよ。
オススメです。ちょっとしたプレゼントにもいいと思います。
ただ、お店が中野からもちょっと歩くみたいで、娘も迷ったと話していました。
デパートとか、ネットとかで買えればいいのですけれど。


2010.06.02 シャクヤク
今度はシャクヤク。

普段はあまり買わない花ですが、写真を撮るぞ!と思うと、様々な色の花を撮りたくなるので、買ってみました。
今回は、写真全体をピンクにしてみたかったのです。

やはりピントが問題ですね。
絞りが難しいです。ピントも合わせたいし、回りはぼかしたいし。
いつも小さな花を撮る私が大きな花を撮る時は気をつけなければいけません。
被写界深度の感覚が早く身につくといいのですが。


IMG_0005.jpg
2010.06.02 あじさい2
昨年、友人から秋色あじさいの鉢をもらいました。
1年間大事に育てて(?)ようやく花芽を付けました。

以前の私は、花好きなのにポトスも枯らす、ずぼらの強者でした。(笑)
こんな私の元でよくぞ1年間生き延びてくれました。

注)最近の私は、鉢の管理に関してはちょっとましになりました。
今あるポトスは8年目です。

で、これは秋色あじさいのはずです。
なんかとっても普通のあじさいに見えますけど。
きっとこれから地味な色に変化するはず・・・信じて待てば。

それとも秋色あじさいって、普通のあじさいの土を酸性にしたりアルカリ性にしたりで変化させるのでしょうか?
よくわかりませんが、色が変わってきたらまた、ここでレポートしますね。


IMG_0006.jpg

クローズアップレンズです。