上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.30 日雇い労働者
今日は訳あって日雇い労働者として一日働いてきました。

と言っても別に土木作業をしてきたわけではありませんが。

昨日急に「人が足りない!誰か手伝って!」と言われ、急遽英語の試験監督をしてきました。
バイトがあります!と言われたら、行かなかったでしょう。
でも
Can you help him?
と言われたら、困っている人を放っておけない性格で、お助けマンとして参上してしまったのです。


初、試験監督官としての感想は・・・
実はむなしいですね。

以前からちょっとはしてみたいと思っていたのです、試験監督。
こっちが必死に問題を解いている間に試験会場を優雅に歩いている人たち。
こっちは数千円から壱万円近くまで払っているのに、あちらはもらっているのよね、と。

でも、やっぱり試験監督より受験者の方がいいです。
みんな一斉に頭をフルに使っているのを見ながら、ただただぼーっと、無駄な時間を過ごしている喪失感があります。
「モモ」じゃありませんが、時間をただ単にお金に換えただけのような。
何の勉強にもならず、何の楽しみもなく、ただじっと座っているだけ。
あー、一日無駄にした・・・やりたいこと、しなきゃいけないこといっぱいあったのに。

ということで、今後はよっぽどでないとやらないと思います。

でもひとつ良かったこと。
ここでは英語の試験の名前を言うのは控えますが、イギリス留学の登竜門のアレです。
私は受けたことないのですが、問題をちらりと見て、量の多さや、試験時間の長さ、大変さを知ることが出来ました。それに果敢に挑戦する若い受験者。みんな留学を目指しているのでしょう。どんな道に進みたいのか、野心に満ちているのでしょうね。そんな真剣なまなざしから元気をもらいました。

留学。
ずっと憧れていた世界。
もう私には「今更」な世界ですが、若者よ、夢を諦めずがんばれ!って言いたいです。

あ、もちろんただ働きではありません。
10時間分の労働賃金はしっかり、新しいコンピューター購入預金に入ります。(欲しいのよね、自分専用のMac Book Pro 13inch)
アレ、マクロレンズ預金だったかな?




スポンサーサイト
コンデジを買ったので、朝の犬の散歩の時にカメラを持って出やすくなりました。
秋色の千日紅です。


  RIMG0123.jpg


2010.10.24 夕焼け小焼け
  IMG_0033_20101024000309.jpg

数日前の夕焼けです。
見事なグラデーション
2010.10.19 INCUBE売り上げ
9月にINCUBEで販売されたポストカードの精算に行ってきました。

60枚納品して売れたのは24枚。
売上金2064円をいただいてまいりました。

お買いあげいただきましたご友人の皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました。


先日友人が印刷屋さんの見積もりを取ってくれました。
ポストカード1000枚印刷で、1枚16円程度になるそうです。

自宅印刷の品質には問題があるし、表面(住所の面)のできあいの赤い印刷(郵便番号欄など)は気に入らないし、真夜中に、やれ、紙詰まりだ、インク切れだにいらいらしながら印刷するのは、正直なかなかツライものがあります。

しかし、しかしですよ、1種類のポストカードに1000枚も在庫を作ってどうするのでしょう。
1ヶ月の販売で、1種類平均8枚しか売れていないのに。


お金を出して買ってもらうということ。
むずかしいですね。


それでも1枚でもお金を出して買ってくれた人がいるという事実はとてもうれしく、小さな自信になりました。
ありがとうございました。
2010.10.17 自転車操業
帰国した途端、自転車操業のような毎日が戻ってきました。

時差ボケが治ったかなと思う間もなく、本日、公務員試験を受けてきました。
多分上級職の人も同じ試験を受けるのだろうと思われるほど、超難問揃いです。
憲法問題もあれば、数学も微分積分あるし、英語も古文もあります。生物も物理もね。
しかもセンターレベルではなく、大学卒業レベル。
文系の私には、物理も化学も数学も経済・・・さっぱりわかりません。

まあ、タダだし、ボケ防止と思って毎年恒例にすることにしました。
合格率はほとんど100倍だしね。
200名の受験者で合格者は若干名って。

でも見渡すと若い子が多い。
男性もいる。
自分のことは棚に上げて、みんながんばれって言いたい。


今日はこれから、明日までに仕上げる写真入りのデータがあるし、来週土曜日はマイケルサンデルについて英語で発表しなくてはいけないし、結婚式のウエルカムボードをカリグラフィーで仕上げる仕事?も飛び込んできたし・・・

意識的に今年は手を広げたのだが、そのツケがドドド・・・っと押し寄せてきた感じ。
まあ、自分で蒔いた種だけどね。

来年はちょっと整理しましょう。



2010.10.16 ハロウィン
ハロウィンの写真を撮らないと季節が終わってしまうと焦っていたのですが、なかなか気に入ったものは撮れません。
なんか違うと思いつつ・・・

(何枚も載せるということは、どれも今ひとつということです)

IMG_0017.jpeg


  IMG_0021.jpeg  IMG_0003.jpeg
2010.10.15 額装
イギリスで作った作品の額装が仕上がってきました。

RIMG0152.jpeg

写真がちょっとよくありませんが。
(後日撮り直します。)
カリグラフィーの作品とはちょっと呼べませんね。(笑)

字もきれいではないし、アートの心得も全くない私がなんと額装する作品を作るとは・・・
写真ならまだしも。
画材屋さんに入るのも、額装を頼むのも恥ずかしくて恥ずかしくて・・・
こどもの落書きを大仰な額装する親のようです。

でも仕上がってみれば、馬子にも衣装。
ちょっとうれしい。


やっぱり幾何学っておもしろい。
周りの6コの六角形は真ん中の蜘蛛の巣のような線から、どの線を生かしどの線を消すかだけでデザインが現れてくるのです。

しばらく幾何学にはまりそうです。



中に描いてあるテキスト

There being, then, three figures which of themselves
can fill up a space around a point - the triangle, the
square and the hexagon, the bees wisely selected for
their structure that which contains the most angles,
suspecting indeed that it could hold more honey.

Pappus-Greek mathematian


2010.10.13 イギリス旅行
黒いアイアンのデザインが好きで、見るといつも写真を撮ってしまいます。
特に今回は幾何学模様がワークショップのテーマだったので、こういうものにはすぐ目がいきます。

これはどうやったらコンパスと定規のみでデザインできるのでしょうか。
この門の前でしばらく考えてしまいました。

IMG_0634.jpeg


ロンドンのホテルはとても高いので、安くて駅から近いところと思って探したら、なんと地下の部屋でした。
部屋自体は悪くはなかったのですが、なんだか気が滅入ります。
でも昼間はまったく部屋にはいないので、新しいホテルを探す手間よりロンドンを歩き回りたいと思い諦めました。

そんな部屋ですが、部屋には紅茶のセットがちゃんと置いてありました。
ポットも大きな磁器のポットです。

イギリスに来たなあと最初に感じた瞬間です。

RIMG0074.jpg

ビスケットも毎日補充してくれました。

2010.10.13 Justiceの会
以前もこのブログで紹介したことがありますが、Michael Sandelの講義 「JUSTICE」の勉強会を友人達としています。

NHKで放映して人気になったハーバード大学の政治哲学の公開授業です。
ハーバードのホームページの中にこの授業のページもあり、動画ですべての授業が見られるようになっています。

http://www.justiceharvard.org/

私たちの勉強会は1回1時間半、エピソードの半分の15分間の授業を英語のみで聞いてきて、内容を確認し合うというもの。
時間がある人はディクテーションをしてくるし、ない人は数回聞いて来るのみ。(私)

1回目ののトローリーカーの授業はとても面白く、60%くらいあった私の理解力も今、4回目の授業(エピソード7)の抽象的な哲学の話では理解力30%と落ちています。
それでも続けているのは、この後おもしろそうなタイトルが続いているから。そしてこの授業を聞けば、アメリカの考えること、行動が少しでも理解できるようになるのでは?と思っているからです。

12回を私たちは12ヶ月かけて勉強することにしています。
来年の6月頃終了予定ですが、1年後に英語の理解力は少しはあがるでしょうか。

友人と勉強会をして面白いのは、同じものを聞いても理解の仕方がいろいろ違うこと。
同じ単語の羅列から創造するストーリーが微妙に違うのですよね。(笑)

そこから私のリスニングの欠点が見えてきた気がします。
私は細部(単語)にこだわって、大きな流れが掴めないのです。
友人曰く、英語の講義はきちんと論理だった構成になっているので、構成をまず掴んだら理解がしやすいとのこと。
私はまだ学生が議論している時に、この人の意見はYesなのかNoなのかが掴めないことが多いのです。
まずstructure。
流れから細部へ。

なんとしてでもこの勉強会から落ちこぼれず、最後まで完走したいと思っています。
このサンデル先生の授業についていけるようになりたいというのが、現在の英語の目標です。(目標高過ぎ!)


Justice: What's the Right Thing to Do?Justice: What's the Right Thing to Do?
(2010/02/25)
Michael Sandel


   
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデルMichael J. Sandel


どちらも読むのは難しいです。
来年までに読み終わるでしょうか。




Who Is Neil Armstrong? (Who Was...?)Who Is Neil Armstrong? (Who Was...?)
(2008/10/02)
Roberta Edwards


YL 2.7
7,600語


友人に借りて読みました。

最近日本人でノーベル賞を取った根岸先生はアメリカパデュー大学だそうですね。
「日本であまり有名ではないけれど、かのアームストロング船長もパデュー大学の出身」とテレビで報道されていました。
あれ?今読んでいるのだけれど・・・と思って、もう一度最初の方を読み直したら、やはりちゃんとPurdue Universityと書いてありました。

宇宙ものの本、大好きです。
自分が宇宙に行くことは全く想像できませんが。

あの月に行ったのですよね。
これは昨晩の月です。
露出を明るくしたら、うっすら月の丸い形が見えたのですが、web用に画質を落としたら、あまり見えませんね。
細く美しい三日月でした。

IMG_0849.jpg

三脚立ててもブレボケてます。(笑)


カリグラフィーのワークショップの最後に講師のアンから思いがけないプレゼントをもらいました。
それはひとりひとりのイニシャルが書かれたしおりです。
紙はヴェラム紙。いわゆる羊皮紙ですね。ハリーポッターの中にも出てくる・・・

イギリスのカリグラファーが私のために書いてくれたイニシャル。
大事に使いたいと思います。


img003.jpg

2010.10.11 夕陽
昨日の夕陽です。

 IMG_0885.jpg

2010.10.11 彼岸花
家の近くでも彼岸花が咲き出しました。
秋ですねえ。

 IMG_0850.jpg
2010.10.11 パンプキン
hananiwaでパンプキンを撮らせてもらいました。
もうすぐハロウィンですねえ。


   IMG_0858.jpg

ここにもリンクを貼らせてもらっている「hananiwa」のMychikoさんに、時々お花を分けてもらうことにしました。
Mychikoさんは、私が尊敬するフローラルデザイナーです。
彼女のセンスがとても好きで、私にはとても真似のできない花のアレンジを作る方です。
ともすると私のアレンジ/趣味はシンプルにまとまり過ぎてしまうので、彼女のセンスで幅を広げようと思い、時々お花を分けてもらって写真を撮るという宿題を自分に課してみました。

記念すべき第一回のお花はアマリリス。

え~っ!アマリリス!!
アマリリスは大きい個性的な花なので、私は決して選ばない花です。
しかも渋いピンク。
真っ赤ならまだ写真の撮りようも思い浮かびますが、地味な色のアマリリスは私にとって超難問です。
どう撮ったらいいか皆目検討の付かないまま数日が過ぎ、お花のリミットが近づいてきます。

写真としての完成度は今ひとつですが、とりあえず宿題ひとつ仕上げました。(笑)
(提出期限ギリギリで宿題を間に合わせていた学生時代を思い出します。)



IMG_0879_2.jpg
今日の夕陽はきれいだったので、一緒に写してみました。

IMG_0856_2.jpeg
これがシンプルでいいかなあ。
実は2本のアマリリスをまとめています。


どう撮ったらいいかわからないと音を上げる私に、彼女は赤いキャンドルホルダーを貸してくれました。
家族が寝静まった真夜中の真っ暗な部屋で、真っ赤なキャンドルを灯す私って・・・

IMG_0007_2.jpg
ピントはおしべには合っているんだけど、花心から離れているのでピンぼけに見えますねえ。

次の宿題はなんだろうなあ。
ちょっと怖い・・・?

今回のイギリス旅行は、カリグラフィーのワークショップに参加するためでした。

カリグラフィーとはどういう意味かご存知ですか?
日本語訳では、書道ということになっています。
書道は日本の書道を連想するので、あえて西洋書道という人もいます。

カリとは、beautifulという意味だそうです。グラフィーはwritingということ。
つまり、美しいハンドライティングという意味です。

今回のWSはgeometryをテーマにしたもので、4日間のうち、2日間はほぼgeometryの授業。
つまり幾何学(数学)の授業のようでした。
幾何学関係の英語にも少し強くなりました。(笑)
ピタゴラスの定理とかね。
Pythagoras(パイサゴラス)のように発音。

他の方の美しい作品は載せていいという確認を取らなかったので、またもや恥を忍んで私の作品を。
どこに字があるかって?六角形の上のライン沿いに小さく書いてあるのですよ。
字は下手なので、目立たないように書いてます。(笑)

青と白の紙を重ねて、三角形のところは、カッターで切り抜いています。
図形はすべてコンパスと線引きだけで書けるそうです。定規(何センチというメモリ)はいらないそうです。
これもひたすらコンパスで円を描き交点をを結んで図形を描きました。
中学校の数学の時間を思い出して楽しかったです。

はい、問題は字の美しさですね。
今後日本で精進します。

Unknown.jpeg

geometryの授業は、ギリシャ哲学、西洋建築、精神世界の話しなどを含み、とても興味深いものでした。
さっそく、子供用の(笑)geometryの本を読んでみたくなりました。



2010.10.04 研修所周辺
研修所となった場所は、以前修道院だったと聞いています。
とても広大な敷地で、朝の散歩が楽しみでした。
しかし、いつもしっぽりと濡れていて、一回りの散歩から帰ると、布のスニーカーは水たまりに入ったかと思われるほど濡れて、ズボンも膝下まで色が変わるほどでした。
朝食前に靴、靴下、ズボンを履き替えるのが日課に。

1_20101003235507.jpg
蜘蛛の巣など珍しくもないけれど、このように水滴が真珠のようになっているのは、あまり見かけないような。
日本の雨は水滴が大きいからだと思うけれど。
このように、霧状の雨だとなりやすいのではないでしょうか。
蜘蛛の巣ばかり、何枚も写真を撮ってしまいました。

 6.jpg
きれいに手入れされたお庭

3_20101003235506.jpg
ここが私たちが泊まった宿泊施設

2_20101003235507.jpg




では、コッツウォルズの写真を紹介します。

今回9日ほどいたイギリス旅行で、唯一きれいに晴れ渡り、大変ラッキーでした。

ロンドンから、バイブリー、バーフォード、ウッドストック(ブレナム宮殿)、オックスフォードを回るという超ハードなスケジュールのツアーでした。コッツウォルズの雰囲気に似合わない駆け足ツアーなのですが、それでも見られるのと見られないのでは大違い。
時間がない旅行者にはお勧めです。もう一度必ずゆっくり行こうと心に誓いました。
  
  IMG_0314.jpg


  IMG_0341.jpg


  IMG_0361.jpg


  IMG_0325.jpg  IMG_0339.jpg

  IMG_0259.jpg  IMG_0319.jpg 



  IMG_0286.jpg



    



2010.10.03 ただいま!
昨夜、無事に帰国致しました。

さて、写真ですが、何からお見せしましょうか。
慌ただしい旅行だったので、コレ!と言ったお宝写真が無いのですが、たとえばこんなのはどうでしょう。
なかなか見られない霧を見ることができたので。


   IMG_0722.jpg

後ほどまた更新します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。