上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.30 JOBS and WOZNIAK
Steve Jobs & Steve Wozniak: Geek Heroes Who Put the Personal in Computers (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)Steve Jobs & Steve Wozniak: Geek Heroes Who Put the Personal in Computers (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)
(2010/09)
Mike Venezia

YL 3.0
2,000語

読むのが最後になりましたが、実は、これがこのシリーズの中で一番読みたかった本でした。

先日、JobsがアップルのCEOを辞めたのがニュースになりましたね。
私は25年近く前からのMacユーザーです。

ある日、父がMacを買ってきました。
当時、200万円近くしたと思います。

今思えばかわいい白黒のMacでした。
この本の中には、Apple 1号の写真が載っていて、まるで子どもの夏休みの工作のような木の箱でした。

アメリカンドリームの象徴のようなSteve Jobs(多くの人はビルゲイツをあげるのでしょうけれど、私にはジョブズです)
彼のスピーチは、私が初めて「わかる!」と感激した英語です。
アップルの新商品紹介で、iPodを出した時、Macbook Airを出した時、iPhoneを出した時の彼のプレゼンと商品を見た驚きは今でも忘れられません。

彼は「辞める時が来たら自ら辞める」と発言していて、今回の引退になったとすれば、今は「辞める時」になったのでしょうね。
つまり、病気があまり良くないのではないかと推察されます。

随分お年のように見えますが、また56歳です。
ほとんど同世代です。それにはびっくり。

お元気になって、もう一度世界をアッと言わせて欲しいものです。




... 続きを読む
スポンサーサイト
最近の雨で、近くの公園の芝生にはきのこがにょきにょき。

きのこも面白いなあ・・・

20110822.jpg

森と海からの贈りもの―二人の「自然の使者」から子どもたちへ森と海からの贈りもの―二人の「自然の使者」から子どもたちへ
(2002/11)
ジェーン グドール、ジャック・T. モイヤー 他


なんかすごい。
ちゃんと「生きて」「結果」を残した(残しつつある)人たち。

私には真似はできないけど・・・できることから。
ジェーン・グドール・インスティテューション・ジャパンの会員になった。
年会費が少しでも役に立つのなら、うれしい。

ジェーン・グドール・インスティテューション・ジャパン

共著のジャック・モイヤー氏が作った
オーシャンファミリー

アフリカの森の日々―わたしの愛したチンパンジーアフリカの森の日々―わたしの愛したチンパンジー
(2002/11)
ジェーン グドール

ネットから図書館に予約していたらすぐに「用意ができました」メールが届きました。ラクチン。

この本で知ったこと。

1.チンパンジーは道具を使って獲物を捕るということ。
実際には、枝から葉っぱをむしり取り、枝だけにして(道具を作る)から、ありの巣に差し込み、「釣り」をするらしい。差し込んですぐに引き上げるのではなく、ちょっと間をおき、釣れるのを待つそうです。

2.チンパンジーは戦争をする。
小さい群れに大勢で押し入り、一匹ずつ群れに連れ帰り殺す。そして若いメス以外は皆殺しにし、群れを消滅させる。

3,チンパンジーの遺伝子は、99%人間と一緒。ゴリラより人間に近い。
人間はチンパンジーから輸血もできるそうです。

4.声帯が違うので、言葉はほとんどしゃべれないが、手話は300程度覚えられる。
また単語を組み合わせて別な単語を作れるそうです。例えば、ソーダのことを「聞く飲み物」とか、セロリは「管の食べ物」のように。また、チンパンジー同士でそのサインを教えあい、人間が教えてない手話を別のチンパンジーが使うことがあるそうです。

自然ってすごい!
もっともっと知らないことあるんでしょうねえ。

やっぱり本を読もう。

2011.08.26 Rachel Carson
Rachel Carson: Clearing the Way for Environmental Protection (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)Rachel Carson: Clearing the Way for Environmental Protection (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)
(2010/03)
Mike Venezia

YL 3.0
2,000語

先日のJane Goodallに引き続き、女性科学者。
憧れます。

Silent Springも持っています。
いつか読もうと本棚でスタンバイ。

Silent SpringSilent Spring
(2002/10/22)
Rachel Carson

DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 英国里帰り編 猫のしっぽ カエルの手DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 英国里帰り編 猫のしっぽ カエルの手
(2011/06/30)
ベニシア・スタンリー・スミス


友人から借りて見ました!

私はこの方が好きで、以前から本も買って読んでいたので、とくに面白く見させていただきました。

今回はイギリスへの里帰り編。なので、イギリスの風景が一杯。
京都大原の生活がたくさんみたい人にはちょっと残念かな。
彼女の家(貴族)は、去年私が訪れたチャーチルの生家、ブレナム宮殿より大きいみたい。



ところで、イギリスでのドキュメンタリーの中で、妹さんの庭にあった石碑の言葉に笑いました。

“All women become like their mothers. That is their tragedy. No man does. That's his.”
by Oscar Wilde


女性は皆そうなりたくないと思いつつ、母に似ている自分を発見して愕然とすることが、人生の中で何回かあるのではないでしょうか。



京都大原にも行ってみたい!

2011.08.23 Jane Goodall
Jane Goodall: Researcher Who Champions Chimps (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)Jane Goodall: Researcher Who Champions Chimps (Getting to Know the World's Greatest Inventors and Scientists)
(2010/09)
Mike Venezia

YL 3.0
2000語


以前読んだ 'Three Cups of Tea' の序文をこの人が書いていました。

Three Cups of Tea: Young Readers Edition: One Man's Journey to Change the World... One Child at a TimeThree Cups of Tea: Young Readers Edition: One Man's Journey to Change the World... One Child at a Time
(2009/01/22)
Greg Mortenson、David Oliver Relin 他


英語クラスのアメリカ人の先生は、「Janeよ、知っているでしょう?」という感じでしたが、私は知らなくて。
先日、この手の本をアマゾンで購入する時に、目に止まったので、一緒に注文しました。

Who was...?シリーズも好きですが、こちらもサラサラと読めて、必要最低限の情報は入っているので、オススメです。
それにしても、若い頃美しかった女性は年を取っても美しいのですね。
アフリカのチンパンジー研究に一生を捧げたとは思えない、女優さんのような優雅さです。


でも、こどもの頃から生き物が好きで、ミミズをベッドの中に持ち込んだというエピソードには笑いました。さすが大物。

そのうち、この人のエッセーも英語でちゃんと読みたいと思いました。


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎


読了。

もう随分前になるけれど、多読のオフ会で話題になった本。
洋書の多読のオフ会ですが、話しをするとやはり皆、和書も相当読んでいらっしゃる。

この本は「当然若い頃読んでいるわよね~」オーラ全開で話題になったもの。
私は読んでいなくて、ちょっと焦りました・・・
その後すぐに図書館で借りて読みました。たぶん。
すごくおもしろかった記憶はあるのだけれど、実はあまり内容を覚えていなくて。


数年前から本をむさぼり読み始めた娘。
「何か面白い本ない?」が挨拶代わりになった頃、この本を思い出して薦めてみました。
娘の「ツボ」にはまったらしく、全巻買いそろえて、しかも読み終わるのがもったいないと、少しずつ間をあけてしか読まないほどに。

そんな娘からの逆輸入(?)で、今回もう一度読み返すことになったのでした。
今回は全巻揃って家にあるので、ちゃんと読もうと思います。


件の娘、この夏、ヨーロッパへひとり旅に出ます。
この本を薦めた私の責任は重い・・・


まあ、「マカオでギャンブル三昧しに行く!」と言い出したのではないから、いいとしましょうか・・・:





先日の棚の色を塗りました。

賛否両論でしょうね。
やはり白がよかったか・・・とも思いますが、今回の写真はわざと下の棚も写り込ませましたが、我が家の床と本棚はこの焦げ茶なのですよね。
右に額もちょっと入れましたが、額もこの色。
ということで、ちょっと重めではありますが、我が家のリビングにはぴったりの色です。


IMG_0923.jpg



それにしても、素人木工ガールズの手は、オイルペイントで汚れて真っ黒黒です。
ムスメは足までペンキをとばして、ダルメシアン状態。
まったくこの惨状・・・
どうしたらもう少しスマートにペンキが塗れるのでしょうか・・・


まるで夏休みの工作の宿題を仕上げているようでした。


これで私の夏休みもお・わ・り。 (嗚呼)



随分前デパートのイタリアフェアで、バラの型を見つけました。
かわいくて、思わず即購入。

最初の頃は何度か作りましたが、最近は忘れてて。
昨日友人宅のバーベキューパーティに、ふと思い出して、焼いてお持ちしました。
ちょっと焼きが甘かったかも。


IMG_0915.jpg

シリコン バラの型 こちら
大きい型も持っています。


わりときれいに抜けますし、ゼリーやシャービックなどの氷にも使えます。


最近はシリコン製の様々な型が安く出ていますね。
ネットで探してすぐ購入できるのも魅力です。
昔は探してもあまりかわいい型がありませんでした。




2011.08.12 8月11日 夕空
以前娘が作ったオブジェを窓辺に置いているのですが、昨日は夕陽が透けてとてもきれいでした。


一緒にぶら下げているサンキャッチャーに夕空が逆さまに写り込んで。

IMG_0881.jpg


後ろの夕焼けはこんな感じ。

IMG_0887.jpg


広角で。

IMG_0886.jpg


今日も一日、お疲れさまでした。



娘が東京で買ってきた(買わされた?)オリーブオイル。
あまりのお値段に母はびっくり。
せめて写真のモデルになってもらってから、いただきましょう。


IMG_0829.jpg





ということで、こちらはその後のランチ。
わさびとオリーブオイルと塩でいただく鯛のおさしみ。
カルパッチョ風でとてもおいしくいただきました。
こもれびのハーブソルトにもよく合いました。
普段はお酒はあまりいただきませんが、それでも白ワインが飲みたい!と思いました。

ちょっとした女子会のランチにいかがですか?


IMG_0897.jpg

ラ プティット エピスリー エクストラバージンオリーブオイル250ml


... 続きを読む
2011.08.10 My Favorite 3,4
IMG_0841.jpg

久しぶりに、My Favoriteの写真を。

ボルドーの羽根ペンは、去年の誕生日プレゼント。
今年は、その下のガラスのペン立て。
どちらも娘からのプレゼントです。(ウフフ)
お陰でばっちり写真が撮れました。
(去年は羽ペンだけでスタイリングが難しかったのです)

カリグラフィーを習ってから、羽ペン、インクボトルなどのアイテムが気になります。


下に敷いてある手書きの紙はこちらの本から。
美しい本です。(所有者:ムスメ Thanks!)


レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した宝物レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した宝物
(2006/05)
マシュー・ランドルス



こうしてみるとムスメチョイスなものばかりですな。

最近、木工ガールという言葉があると知りました。
木工は、ほとんど男性の仕事と思われていましたが、今時の女子は、木工もするそうな。

我が家では、大工道具は主人より私が使いますが、それでも「木工」はほとんどしたことがありません。
マンションで作る場所がないし、音が出せないということもあります。

でも震災以来、なんだかわけもなく「スローライフ」「手作り志向」になっていて、先日、飾り棚を手作りしました。(左側)
といっても、ホームセンターで木材を切ってもらって、ちょこちょこって組み立てただけですけど。

My Favoritesな物を並べて、塗る色を思案中。
焦げ茶にするか、白にするか・・・



IMG_0899.jpg



こちらは、随分前から「木工ガール」という、木工の先輩の指導で作った2作目です。(上記写真右側)
(左側が私の。右は友人作)
自作のハガキをディスプレイするための棚です。

RIMG0076_20110810203301.jpg


それにしても、友人宅の広いお庭。
何でも出てくる万能物置。
丸鋸、電動ドリル、電動ドライバー、金指、やすりが数種類、延長コードなどなど。日曜大工に整った環境。

憧れます・・・・


色が塗れたらまたアップしますね。

... 続きを読む
2011.08.10 プチ 旅
先日友人と久留米に行った事は7月31日のブログに書きましたが、今日はその日の別な写真を。

車の運転があまり得意ではないので、フラッとドライブに出ることなどないのですが、ちょっと走るだけで、とてものどかな気持ちになれるものですね。(友人の運転に載せてもらいました!)

車窓から撮っているのであまりよく撮れていませんが、気がつくと1両編成の電車が・・・
こんなところに?
単線でのんびり走るその姿を見て、なんだかとても遠くまで旅に出たような気がしました。

最後は車に止まったシオカラトンボ。(たぶん)


THE 日本の夏。


IMG_0372_20110810201646.jpg



IMG_0382_20110810200850.jpg


IMG_0398_20110810200849.jpg
昨日フォトレッスンが無事終了致しました。
ご参加頂きました皆様、いかがでしたでしょうか。
写真って面白そう!と思って頂けたらうれしいです。

写真は簡単そうで奥深く、では難しいかというと初心者でも傑作が撮れるという不思議なツールなのですね。
計算と偶然性、どちらも必要だと思います。
ぜひどんどんトライしてみてください。

昨日は私はあまり写真を撮っていないので、良い写真がないのですが・・・
こんな物をご用意して撮ってみました。


IMG_0811.jpg


IMG_0763.jpg


IMG_0814.jpg


IMG_0746.jpg


アストランチア
IMG_0793.jpg


撮影風景 雑然とした机の上 
IMG_0789.jpg


花材提供は、いつもセンスの良いhananiwaさんでした。
Thanks, Mychiko-san!!


こもれびガーデンのオープンガーデンと同時開催でフォトレッスンをさせていただくことになりました。
初めての試みでワクワクしております。

Mokas Photo Lesson2

日時:8月6日(土)
時間 (同じ内容です)
午前の部 10時30分~12時
午後の部 1時30分~3時
場所:こもれびガーデン 地図はこちら 福岡市早良区田村1丁目のバス停から徒歩4分
受講料:1,000円
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。