実家でホームクリスマスコンサートがありました。

楽器:バイオリン、ビオラ、チェロ、クラリネット、ピアノ、トランペット、フルート、オルガン、
そして声楽(ソプラノ&男声四重奏)と絵本の読み聞かせ withピアノ

こんなにたくさんの楽器演奏を狭い個人宅で聴くので音の迫力がすごい!
音楽のうねりの中で漂い心地よいひとときでした。


IMG_8854.jpg


IMG_8867.jpg


IMG_8913.jpg


IMG_8895.jpg


IMG_8893.jpg


音楽ができるってすばらしいですね。
私は裏方、ひたすら食器を洗ってました。笑

あ、もちろん写真記録係もしました!


チェロの音いいなあ・・・憧れます。

第3回フォト倶楽部を開催しました。今回は「クリスマス編」


今回はランチパーティもあり、私はお花のスタイリングに手が回らず・・・みなさんの手を借りてスタイリングしていただきました。いろいろなアイディアが出てきて楽しい!


こちらは12月の初めに作ったリースに、棚に飾ってあったガラスの天使を組み合わせた物。
リースのキャンドルをアイボリーにしました!
その思い入れからか、私はキャンドルを全部入れてしまいましたが、友人達の、もっと天使アップの写真の方が素敵でした。
後ろのツリーのボケも私のは中途半端ですね。マクロや望遠、F1.4の単焦点を使ったりして、ボケを強調すべきでした。
それはまた次回。
IMG_8620.jpg


クリスマスというのにラナンキュラスがもうお花屋さんに並んでいて、クリスマスっぽくないから諦めようと思ったのに、やっぱりこの色には勝てず、連れて帰ってしまいました。
クリスマスっぽくしなくてもいいかなとも思ったのですが、友人がこんな素敵なスタイリングをしてくれました。
IMG_8625.jpg


こちらはベランダのパンジーや短く切ってしまった花たちの最後。水に浮かべる・・・作戦です。ガラスがきれいだとちょっと絵になりますね。
IMG_8686.jpg


アップで。色を引き締めるためにちょっとでもグリーンを入れるといいと思います。こういう時のために、ベランダにラベンダーや銀葉など葉のきれいなものを育てています。
IMG_8690.jpg


翌日にはラナンキュラスが花びらを落とし始めました。せっかくなので花びらをアップで。
IMG_8707.jpg


こちらは友人が持っていらした手作りのカード。お友達からいただいたので御礼に写真を撮ってお送りするそうです。
いつものように明るく・・・と思って絞りを開放気味で撮ったのですが、こういう時は三脚を立ててもっと絞り、生花の方にもピントが来るようにすべきでした。
カメラマン的にはお花がこれでよかったのだろうかとか考えますが、カードを作られた方はこの写真を送られたらきっとよろこばれるでしょう。
IMG_8644.jpg


夜になって、ツリーの玉ボケを出そうと、レンズ換えて再挑戦。
玉ボケの位置がちょうどいいところになくて、何度三脚とツリーを行ったり来たりしたことでしょう。
まだ気に入ったわけではないのですが、疲れたので今年はここまで。笑
IMG_8665.jpg


さらに暗くアンダーにしてみました。花は写らないのでキャンドルだけにしました。
IMG_8724.jpg



写真は難しい。
なかなか頭に思い描いていたようには撮れないけれど、今日この花と出会い、このように撮れたことは奇跡に近いと思っています。

友人や花たちの出会いに感謝しつつ。




ようやく2014年のカレンダーを作りました。

IMG_8606_20131212183324749.jpg


今年は、お花だけでなく、イギリスで撮った写真も入っています。
8月から写真の選択にかかっていましたが、なかなか決まらずに、今になってしまいました。

ご希望の方がいらっしゃいましたら、私の個人メールに必要部数をお知らせください。

1部 1,200円(送料込み)

個人メールをご存じでない方は、このブログのコメント欄から鍵コメにて必要部数、メールアドレス、郵送先などをお知らせください。

注)
インクジェットプリンターによる手刷りのため、水濡れにご注意ください。
写真はハガキサイズになっていますので、ご使用後は切り抜いてハガキとしてお使いいただけます。
上部一カ所に穴をあけ、リネン糸でフックに引っかけられるようにしています。

ぼくのともだち 〜Maru in Michigan〜ぼくのともだち 〜Maru in Michigan〜
(2013/10/31)
ジョンソン 祥子

商品詳細を見る


ブログを知って、やはり本も手元に置いておきたいと思って、ついに買ってしまいました。

本当にかわいい。マルも一茶も。
(マルは柴犬、一茶は男の子)

ビジュアル的にいろいろ違いはあるけど(笑)、うちの子ども達にもこんな時代あったよねと、思わずほほえんでしまいます。

でも、本を読んだら、思わず、涙がこぼれました。

ただかわいい犬と子どもの写真集というだけではない、何か。

彼女はアメリカ人と結婚して、ミシガン州に住んでいるのですが、写真や短いコメントの中に、彼女ががんばって、その土地やカルチャーに馴染もうと努力したり、時々寂しくてマルを抱きしめていたことがわかります。
(マルが先に飼われていて、その後一茶くんが生まれました)

絵に描いたような(写真になるような)しあわせな生活なのだけれど、時々訪れる心の揺らぎを繊細に表しているようです。

本文より

成長ってうれしいけれど
ちょっと寂しいよね。

どんどん成長していく子どもの姿に、あとちょっとだけ、このままでいて欲しいって、思うことありますよね。

昔子ども達がかわいかった方も、現在かわいい子どもを持つお母さん達も、いつかこんな子どもが欲しいと思う若い方も、ぜひご覧になってください。

今この時を丁寧に生きることの大事さを教えてくれました。


現在の一茶くんとマルの様子はこちらのブログから。ホントにかわいい!!


... 続きを読む
IMG_0627.jpg

通訳ガイド試験の二次試験(面接)が終わりました。

今回から面接の方法も少し変わったようで、対策が立てにくかったですよね。と、言い訳をして、いつものように全く準備なしで突入しました。

それでも、先日のインドの方の模擬通訳や、アメリカの方をドライブにお連れしたりと、英語を話すチャンスには恵まれましたし、最後の週は、去年まで8年間続けていた英会話の先生の所にもお邪魔し、なるべく英語脳になるようにつとめました。



結果は・・・
「沈黙したら不合格」と聞いていたので、とにかくしゃべらなきゃと思って、しゃべったのですが、考え直すと、あそこの文法も単語もめちゃくちゃだったと、反省しきり。

しかも後半ちょっとしゃべりすぎて、墓穴を掘った気がします。しゃべればしゃべるほど、ミスが多くなりますからね。
もう少しちゃんと話せたら良かったと思う反面、これがいつもの私の実力なんだから、落ちてもしょうがないと思ったりしています。

「お・も・て・な・し・!」の心は十分に持っていますので、そこのところ加味していただけないでしょうかね。
東京オリンピックに向けて、これからがんばりますので。笑



気がつくと12月も半ばにさしかかっていますね。
あれもこれもまだやり残していることがたくさん!

まずは、カレンダー作り!(笑)
今更・・・ですが、まだ作る気ではいるのですよね。
まだまだ面倒な作業が山積みですが、なんとか年末までには作るつもり。
がんばります。



写真は12月2日の近所の紅葉です。
散歩中に青空と光を浴びた赤い葉が目に飛び込んできました。


字幕屋に「、」はない (字幕はウラがおもしろい)字幕屋に「、」はない (字幕はウラがおもしろい)
(2013/09/05)
太田直子

商品詳細を見る



これは映画などに英語字幕を付ける方のエッセーですが、英語に関する話はほとんどでてきません。
わかってはいましたが、翻訳って、日本語ができる人がするものなんですよね。

字幕は特に、しゃべっている台詞の長さ1秒につき4文字までという制約があるそうです。
本文より例を引用しますと、
I'm not lying.
「嘘じゃないわ」とすると6文字で、この1秒の台詞には長すぎるそうです。そこで、「本当よ」という3文字の訳を選ばざるを得ないそうです。

そんなご苦労をなさっているとも知らず、なんかこの字幕ヘンじゃない?と思ったこともあったりして。
字幕屋さん、ごめんなさい。

洋画は字幕で見たいと思っている人、必見です。



(この方の日本語はダジャレオンパレードです。気軽に読めておすすめです。)
12月になってクリスマスツリーを出しました。

友人に頼んでいたリースの材料が届いたので、大急ぎでリースも作りました。
ひとつは実家にプレゼントです。


実家は28日にクリスマスコンサートをするというので、リース材料の中から長持ちするユーカリを選んでリースにしました。
銀葉なので、白と銀のリボンです。合うかな?
これは床に40cm X 60cmの木を置いてリースを乗せて撮っています。
IMG_8566.jpg


こちらは自宅用。壁に掛けてもいいけど、今はアドベントリースに。
ろうそく、銀色か、シックな紫とか紺があれば良かったのに。
赤はあるけど、例年赤なので、今年はちょっとシックにしてみました。
IMG_8586.jpg


緑のろうそくはシックすぎたかな。あとで変えよう。
IMG_8579_201312022152165b1.jpg
2013.12.02 Thanks Giving Day
日曜日に糸島をご案内したアメリカ人の方をお迎えして、木曜日(11月28日)に我が家でささやかなパーティをしました。
英語仲間と一緒です。

私たち日本人はあまり意識していなかったのですが、この日はちょうどThanks Giving Day。
Thanks Giving Dayのパーティにアメリカでは何を食べるのか聞いたところ、ターキーとパンプキンパイとのお答え。
ターキーは料理したことないので諦めて、せめてパンプキンパイでも作りましょうと思いました。


実は大理石のパイ用の台も持っています。
写真


写真 1


写真 2


あ〜ぁ、壊れちゃった。それだけパリパリということで・・・笑
写真 4


写真を撮り損ねて、食べ散らかしているところでごめんなさい。
写真 3

主婦4人寄ると様々なお料理が並んで楽しいですね。
新しいお料理を習いました。

アメリカ女性の方は英語の先生。コンゴに2年間英語を教えに行ったこともある方で、後半はパワーポイントを使って、コンゴのレポートになりました。まだまだ知らない世界がたくさんあるのですね。治安もそこまでよくないとわかっているのに、その勇気に脱帽です。

それにしても、サファリの写真のステキなこと・・・撮りに行きたい・・・ケド・・・絶対無理!!




... 続きを読む