2014.01.29 The Road Ahead
PENGUIN READERS3: ROAD AHEAD (Penguin Readers (Graded Readers)PENGUIN READERS3: ROAD AHEAD (Penguin Readers (Graded Readers))
(2008/02/21)
Bill Gates

商品詳細を見る


9,800語
YL 3.0

2014年最初の1冊(洋書)

しばらく洋書を読んでないと、読書体力の低下が著しいですね。
こんなに薄い本でもヒイヒイ言ってしまいました。
決して嫌いなジャンルではないのに。
まあ、Jobsの本の方が読速早いとは思いますが。

マイクロソフトの話と言うより、コンピューター社会の未来を語っているのですが、この本が書かれたのが1995年だからかなり古い情報ですね。
彼が心配していた問題は現実になっています。
個人情報漏れの問題など。

でも彼はこうも語っています。

Yes, there will be problems, but not impossible ones. There will be mistakes, but we will learn from them.
(本文より引用)

間違いから学ぶって、大事ですよね。私たちは、間違いそうなことは敬遠してしまいがちです。守りに入る人生ではなく、もうしばらく彼のようにRoad Aheadを開拓してみようと思います。


日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る


いつも好きで読んでいる「日本人の知らない日本語」のチーム蛇蔵さんと凪子先生の本です。
凪子先生は国文の出なのですね。しかも幼少から古典に馴染んでいらして・・・

サブタイトルは「ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典」です。
そのひとりひとりにキャッチーなコピーが付いているのです。

例えば、
安倍晴明(大鏡)「伝説になった高級公務員」
藤原道長(御堂関白記)「男の夢コンプリート」
源頼光(今昔物語集)「イケメン戦隊の司令官」
菅原孝標女(更級日記)「夢見るオタク少女」
兼好(徒然草)「脱サラ・フリーランサー」

なかなか面白い視点ですよね。
古典が好きで、もう自分のイメージがある方には向かないと思いますが、私のように名前と著書を一致せよという古典のテストレベルしか知識を持ち合わせていない人にはオススメです。

いつか古典を原文?で読んで楽しみたいという夢があるので、今は自分が興味を持てるようにやさしいレベルから誘導しているところです。(これはマンガなので読みやすいです)

多読的に、
マンガ→子ども向け抜粋→現代語訳抜粋→現代語全訳→古語抜粋→古語原書
の順にいけばたどり着けるでしょうか。


読んでみたいのは「枕草子」か「更級日記」
いつもの読書でも一番好きなジャンルは女性のエッセイなので、ここからなら始めやすいかもしれないと思ったのです。

古典好きの方、アドバイスをお願いいたします。

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
(2014/01/24)
三上延

商品詳細を見る


腐れ縁で読み続けているビブリア古書堂です。
しかも去年?のテレビドラマが頭に残って、小説のイメージを取り戻すのに30ページほどかかりました。

今回も何冊かの本を通してなぞが解決されます。
その本の蘊蓄が面白いのですね。

それにしても、鎌倉を舞台にしたのはとてもよかったのではないでしょうか。
今では、「鎌倉の人は本をたくさん読む」イメージが定着しました!笑
また鎌倉の住宅街を歩いたら、どの家にも重厚な書庫(書斎)があるような気がします。

私もそういう家が欲しい!鎌倉に。




2014.01.27 Bouquets
先日英語グループで新年会をいたしました。

その中の若い仲間が婚約をしたので、サプライズで花束をあげることになり、私がブーケを作らせてもらうことになりました。

IMG_9162.jpg



フラワーアレンジメントとの出会いは、高校生の時。
付属の短大には園芸科があり、学園祭のときにはフラワーアレンジの展示があったり、生のお花のコサージュを作ってくれました。

その頃はクラシックバレエに夢中だったので、お花を習う時間も経済的余裕もなかったのですが、就職した後、自分のバレエの才能に限界を感じたのか、週7日通っていたバレエを1日諦め、お花のレッスンを始めました。2年半通い、すべてのプログラムを終え、教師資格も取りました。その後、アメリカでのワークショップにも参加したのですよ!
バレエが駄目になったときは絶対お花をするつもりでした。
人生思い通りにはいかないものですね。

今回お花を束ねさせてもらって、久しぶりにお花の香りに包まれ、至福のひとときをすごさせてもらいました。
やっぱりお花は大好きです。

ただ残念なのは思っている花材が手に入らないこと。これだけはどうしようもありません。
花市場に入れればまだいいのですが、個人では入れてもらえませんし。
お花屋さんには、私の好みの花が置いてあるとは限りません。
今回も数日前からのべ10カ所の花屋さんを回り、少しずつ好みの花を購入しました。

そう、ついでに頭飾りも作ったのですよね。
今思い返せばこのヒヤシンスのワイヤリングを習ったのは30年前です。バーストという名前のブケーのレッスンでした。ヒヤシンスはそれまで特に好きな花ではなかったのですが、こうしてバラバラにしてワイヤリングしたら数日は持つし、香りもよくて大好きになりました。
写真撮影用に買っていたチュールを切って、小さなベールも付けています。


こちらはお引っ越しする方にお作りしました。
いつも元気でニコニコしている彼女に合うように、ビタミンカラーで作りました。
IMG_9179.jpg

どちらも気に入ってもらえたようでよかった!

作らせてくれてどうもありがとう!
楽しかった!
「鑑定士と顔のない依頼人」を観てきました。



何を書いてもネタバレになりそうなので、ストーリーについては触れないでおきましょう。

ストーリーはともかく、予告編にもあるように、素晴らしい美術品やアンティークの数々。音楽。
そして私の好きなモチーフ。オートマタ(機械仕掛けの人形)
この映画を見て、私って、機械好き(歯車好き)だったんだと認識。
最後のプラハのカフェ、現実にあるなら絶対行きたい!!

しばし上流社会のゴージャスな世界に浸りました。

映画は、私は楽しかったですけれど、一緒に行った主人は今ひとつだったようです。
PG12です。


オリュンポスの神々―マンガ・ギリシア神話〈1〉 (中公文庫)オリュンポスの神々―マンガ・ギリシア神話〈1〉 (中公文庫)
(2003/11)
里中 満智子

商品詳細を見る


時々見させていただいているブログで、この本が紹介されていました。
ギリシャ神話をざっくり知りたいなら、この里中満智子さんの漫画がいいと。
英語の勉強会で今読んでいる「Sophie's World」がそろそろ終わるので、次に何の本がいいかメンバーで考えていたのですが、ふとギリシャ神話はどうかと思ったのです。
昔、英文学や西欧文学を知るには、聖書とマザーグース、ギリシャ神話を知っていた方がいいと聞いたことがあったのです。それにしても、ギリシャ神話はゼウスとかアポロンなど、ほんの少ししか知りません。ざっと知るために、紹介されていたこちらを購入して読んでみました。

確かにざっくりな感じです。最初ですから、神様たちを紹介するだけでも50人以上います。名前も覚えられないし、相関図なんて複雑で・・・

でも、欄外の小話が面白くためになります。
テレビ番組の名前にも出てくる「ガイア」は大地の神様なのですね。そこから地理(geography)や幾何(geometry)などの言葉がでてきたそうです。そんなエピソードが面白いので、この後の巻も読んでみようと思います。

里中満智子さんは、古事記も漫画にしているようです。ギリシャ神話と古事記はとても似ているそうですね。
そちらも読んでみたいと思います。(図書館予約済み)



さて本命の洋書ですが・・・よっぽどいくつかの面白いトピックだけ拾わないと、全部は無理かもしれません。
一応こちらの子供向けの本も図書館で取り寄せてみましたが。

D'Aulaires Book of Greek MythsD'Aulaires Book of Greek Myths
(1992/03/01)
Ingri d'Aulaire、Edgar Parin d'Aulaire 他

商品詳細を見る

聖なる洞窟の地 (上) エイラ 地上の旅人 (14)聖なる洞窟の地 (上) エイラ 地上の旅人 (14)
(2013/04/26)
ジーン・アウル

商品詳細を見る



聖なる洞窟の地 (中) エイラ 地上の旅人 (15)聖なる洞窟の地 (中) エイラ 地上の旅人 (15)
(2013/04/26)
ジーン・アウル

商品詳細を見る


聖なる洞窟の地 (下) エイラ 地上の旅人 (16)聖なる洞窟の地 (下) エイラ 地上の旅人 (16)
(2013/04/26)
ジーン・アウル

商品詳細を見る



エイラの物語の最終巻。洋書で800ページの物語は、日本語で1200ページになります。
長い長いエイラの物語(日本語で16冊)、ようやく読み終わることができました。

物語の終わり方には、いろいろな意見があることでしょう。
娯楽として読むには、長すぎるし、繰り返しが多すぎるし、くどすぎるし・・・
日本語なのに、かなり読書体力を消耗する本であるということはできると思います。

ただ、この本が私に見せた3万年前の壮大な物語は、しっかり私の知識の土台になると思います。
なぜネアンデルタール人は滅んでいったのか。なぜクロマニヨン人は現代人として栄えていったのか。動物の一種であった人類が、「現代人」になるために必要なもの。それは「知性」と「思考」。それが時には争いの種になり、不幸になる事も示唆しています。
それでも人類は知識の探求を止めることはできないのでしょう。現代の科学もまたエイラの延長上にいるといえます。

私の頭の中の真っ白だった紀元前3万年前の年表を鮮やかに色を付けてくれたこの本に心から感謝しています。



The Land of Painted Caves: Earth's Children, Book SixThe Land of Painted Caves: Earth's Children, Book Six
(2011/11/22)
Jean M. Auel

商品詳細を見る


160ページで止まっているこちらもなんとかせねば。



この本を読まれる方は、こちらのDVDもご覧になる事をオススメします。
ラスコー洞窟より古いショーヴェ洞窟が1994年に発見されました。そのドキュメンタリーです。
エイラの作者はこの洞窟を見てこの最終巻を書いたと思われます。
世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD]世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD]
(2012/12/21)
ヴェルナー・ヘルツォーク(日本語吹替オダギリ・ジョー)

商品詳細を見る


... 続きを読む
夕方洗濯物を取り込んでいたら、?!な雲が・・・
これって彩雲??? 


慌ててカメラを撮りに入り、三脚まで立てて撮ったら、ほとんど見えない・・・がっかり。
左の方、1/4あたりに縦に色が変わっているのが見えるでしょうか。

IMG_9028.jpg


拡大版 肉眼ではもう少し見えていたのに、夕陽の赤が邪魔をしてますね。

IMG_9024.jpg


残念・・・
でもせっかく久しぶりにベランダに三脚立てたので、先日から勉強しているプロカメラマンのレッスンDVDを思い出し、夜景を撮ってみることにしました。
日没後30分のマジックアワーに撮影すると空が紺碧で夜景が撮れるそう・・・
F22で三脚、レリーズ使用で撮ってみました。F22にすると、光源が星のように写るそうです。
またシャッタースピードは2.5秒なので、車のテールランプ、ヘッドライトがきれいに流れました。

IMG_9038.jpg


で、肝心の空ですが、暗くなるに従って何枚も撮ったのですが、西の空は紺碧にはならず・・・赤みが残っているのですね。仕方ないので、このあたりの山の稜線が見える写真を採用してみました。


いつか必ず彩雲をきれいに撮るゾ!

世界基準で夢をかなえる私の勉強法世界基準で夢をかなえる私の勉強法
(2013/02/14)
北川 智子

商品詳細を見る


新年にふさわしいいい本を読んだ。それが最初の感想です。

この方の本は以前、「ハーバード白熱日本史教室」を読んだことがあるので、すごさはわかっているつもりでしたが・・・

それにしても最初に高校生で短期語学留学した時の英語のレベルは予想を遙かに超えたものでした。(高くはないという意味で。失礼!)「ハーバード白熱・・・」を読んだ時は、IQの高い天才的に頭のいいラッキーな人かと思っていましたのでね。
ところがこの本を読んで、彼女は普通の女子高校生だったとわかりました。(少なくとも英語に関しては)
それが、人と出会い、様々なことを吸収していくうちに、激変していくのですね。
たった15年で、福岡の女子高校生だった子が、ハーバードの先生に変わるのです。
私はこの15年間何をやっていたのでしょう。ふと自分の時間と比べてしまいます。(比べるな!って)

教育ってすばらしい。人との出会いってすばらしい。そんなことを感じさせてくれた本でした。

本の中から

「カジュアルにエンドレスに勉強する」
  本当に人生生涯学ぶ姿勢を失いたくないものです。

「大きな壁は回り道して越える」
  TOEFLの試験で高得点がとれないので、テスト勉強をやめ、ホームステイ先の3歳児のベビーシッターをしながら子守歌やテレビの幼児番組、繰り返し読まされる絵本から英語を覚えたそうです。毎日の暮らしの中で英語を覚えること。そう開き直って一から英語に浸れば、半年でブリティッシュコロンビア大学のTOEFLのスコアを超えたそうです。このあたりは多読と同じ考え方のような気がします。
  
「記憶の反芻」「覚えた内容を何度も思い出す時間を作る。」
  これは大事大事と言われていたけれど、私はあまりやっていなかったような。
  公園とかでベンチに座り、授業を細かく思い出すそうです。何度も。そうすると記憶が定着するそうです。だから公園でぼーっとしているように見える時が勉強している時だそうです。またノートは1講義A4の白紙1枚。わかっていることは書かない。思い出すヒントになる事だけ書くそうです。

「Be Myself and Carry On! 自分らしく、行動せよ!」「何事も自分らしいスタンスでいくと、どんな選択をしても後悔しない。だから自分らしくあることにこだわるのは、最重要、最優先すべきことである。」
  自分らしいってどういうことか、まだ(!?)はっきりわかってないけど、自分が好きなことから始めたら、遊んでいるように感じているうちに少しずつものになるんじゃないかな。私の英語の場合は、おしゃべりだから英会話から入って、本が好きだから多読をして・・・ここまで来ました。まだリスニングとライティングはかなり置き去りにされている感じだけど、それでもずっと英語がそばにあるので、何もしなかったよりましじゃないかと思います。

この本はムスメの本棚から拝借しました。
多くの若い方に読んで欲しい本ですし、私のように人生の曲がり角をとっくに回ってしまった者にも、なんだかすかっとした気分にさせてくれる本です。
まだまだ学べる。そう思うと元気が出ます。





実家より戻る飛行機からこんなにきれいに富士山が見えました。

2014年、佳きことの多き一年でありますように。

富士山



(前日の粘りに粘った富士山撮影努力がむなしい・・・)
主人の実家に帰省し、写真を撮ってきました。

実家の周りは少し歩くとのどかな風景が残っています。
お正月の富士山を撮ろうとカメラを持って出かけたのですが、薄い雲に阻まれて富士山は見えず・・・


近くのグラウンドのポプラ並木
IMG_8915.jpg


神社の周りに水仙が咲き出していました。
IMG_8922.jpg


川の土手には立ち枯れのススキ
IMG_8929.jpg


初「日の入」です。笑
IMG_8959.jpg


もう今日は撮れないと諦めて戻りかけた頃、夕陽に照らされて富士山が浮かび上がってきました。もう一度川まで戻ってようやく元日の富士を撮ることができました。
IMG_8974.jpg

日本人の知らない日本語4  海外編日本人の知らない日本語4 海外編
(2013/08/02)
蛇蔵、海野凪子 他

商品詳細を見る


2014年 記念すべき1冊目読了。和書だけど。

暮れから帰省中ですが、年末にムスメがダウンして、急遽ムスメの部屋に看病に来て年を越しました。
テレビもない狭いムスメの部屋でできることといえば、パソコンと読書。
ムスメの本棚には結構本が詰まっているので、気楽に読める物をチョイス。

このシリーズは昔から読んでいましたが、この海外編。特に面白い!
ムスメがチェコやイタリアで日本語を学んでいる現地学生と食事をしたことがあり、その話を聞いていたので特にリアルに内容を感じられたのかもしれません。

外国人の日本語能力がいかに高いかを知ったり(3年習えば結構ペラペラ)、おもしろい言い間違えで笑ったり。
外国語を学ぶすべての人にオススメです。
本当に知らない日本語も出てきます。(それを海外の人が学んでいるのですからすごい)


... 続きを読む
今年もあとわずかになりました。

2013年、皆さんにとってどのような年だったでしょうか。

我が家は大きな飛躍の年となりうれしい年でした。
家族皆がひとつずつ駒を先に進めることができました。

私だけ何もないとちょっと落ち込んでいましたが、ある試験の一次が合格しました。二次は落ちましたけど、一次がかなり難しく何年も通らなかったので一次が通っただけでもうれしいことでした。
また通訳ガイドも一次が合格しました。こちらは二次の発表はまだです。
私は駒を先に進められるかどうかわかりませんが、足がかりはつかんだような気がします。
来年もまたがんばるモチベーションになります。


2013年 がんばったこと。

写真展を開催しました。。
写真倶楽部を始めました。
12月からですが、多読教室を再開しました。
初模擬通訳しました。


2013年 できなかったこと。

ウォーキング
カレンダーを印刷屋さんに依頼すること
写真を習いに行くこと


2014年 目標

ウォーキング!
カレンダーを早めに仕上げ、印刷屋さんにオーダーする!
写真を勉強する!
通訳ガイド、プロになる!!
英検1級の勉強を再スタートする。
TOEICの自己ベスト更新する!目指せ、850点越え


ま、いくつできるかわかりませんが、マイペースでがんばります。


ブログ書いているうちに年が明けました。

2014年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


happy new year