2015.06.20 見帰りの滝
見帰りの滝というところがあじさいがきれいだと友人から聞いて出かけてみることにしました。
あじさいはもう終わりでしょうか。

IMG_2498_2.jpg


IMG_2515.jpg


IMG_2555.jpg



IMG_2607.jpg



IMG_2633_2.jpg


IMG_2599_2.jpg


IMG_2594_2.jpg



IMG_2573.jpg



時間が出来たので、お庭のきれいな友人宅にお邪魔してきました。
「好きにお花を摘んでいいわよ」なんて言われたら、天国にも上るよう。
お宅の雑貨もお借りして、自由に写真を撮らせていただきました。しあわせ過ぎです!

大きな瓶にいっぱいの桜貝をお借りして。
IMG_2417_20150715202039740.jpg


IMG_2402.jpg


こちらは友人宅のご近所のSHOPです。こちらのお庭もステキでした。ブラックベリーが天蓋のように頭上に降り注いで。まだ若かったので、赤くてかわいかったです。壁の白いペンキともマッチしていました。
IMG_2337.jpg
福岡三越で開催されていたターシャ・テューダー展を見てきました。
何度もこの人の展示会には行っていますが、今回のは原画も多く、行ってよかったです。

写真が撮れたのはここだけなので1枚だけです。

プレゼンテーション2
2015.06.06 八女 下見
八女のガイドが決まって、行ったことのないお茶屋さんが行程表の中にあったので、下見に行ってきました。

少しずつ、車の運転にも慣れてきました。(30年間無事故無違反ですが、遠出はやはり緊張します)

この日は底抜けにいいお天気!
IMG_2205.jpg


茶畑の緑が目にしみます。
IMG_2208.jpg


でも本当に真緑のお茶畑を撮りたかったら、八十八夜の茶摘みの前に行かなくてはいけないことを知りました。新茶の季節が始まっていて、ところどころ刈り取り済みの木もあって。でもそれもパッチワークのようで面白かったけど。
IMG_2217.jpg


こちらが、今度初めてお邪魔する、許斐茶園さん。
IMG_2275.jpg


いろいろなお話を聞かせて頂きました。殿様の話、取り壊された城。すべてが歴史の教科書ではなく、家の歴史に繋がっていて、血の中に脈々と受け継がれていることを知りました。
父の代から転勤族の私は「ふるさと」と呼べる地がなく、こうして土地に根を下ろして暮らしている方達に出会えることが、ガイドの醍醐味です。後はこれを外国のお客様にちゃんと伝えられるかどうか・・・
IMG_2263.jpg


IMG_2277.jpg


ここは八女の白壁の通り。時代が止まっているような。いつまでも残しておいて欲しいような風景でした。
IMG_2288_20150714224021ee0.jpg


IMG_2266.jpg

IMG_2297.jpg

しばらくブログを書いていなかったので、広告が出るようになってしまいました。
このシステムはイヤでしたが、よく考えたら、「そろそろブログ書いたら?」という無言の圧力みたいなもので、私のようなズボラには、あってもいいのかもしれません。

さて、遡ってこの一ヶ月の出来事を書いてみたいと思います。

まずは6月のフォト倶楽部。

今回は友人がスズランを持ってきてくれたのでHAPPY!!
でもスズランは何度撮っても難しいです。
白い花がすぐに黄色っぽくなるし、コロンとした膨らみが潰れるし・・・
本当は庭に咲いているスズランを切ってすぐに撮影すればいいのでしょうけれど。
また来年挑戦しましょう!

IMG_2056.jpg


IMG_2101_20150714211743136.jpg



IMG_2118.jpg


IMG_2066.jpg


IMG_2141.jpg


IMG_2179.jpg


IMG_2200.jpg

2015.06.02 長崎ツアー
イメージ

昨日は、長崎ツアーのガイドでした。
写真はグラバー園のお庭。
あじさいの季節ですね。

さて、長崎ガイドも4月から5回目となり、少しずつ慣れてきました。
そして少し振り返る余裕も出てきたようです。

ガイド資格を取得し研修を終えて1年が経ちました。
怒濤の1年だったと思います。

何が一番大変だったかと振り返ると、「英語」ではなく、「仕事」に関する考え方でしょうか。

英語学習者が持っている英語への憧れ、完璧主義が邪魔して、ペラペラしゃべれないと仕事をしてはいけないような感覚が毎日自分を責め続け苦しかったように思います。
1回目のガイドをする前、とても怖くて逃げ出したい気持ちを抑えるに必死でした。
その時に自分に言い聞かせたのは、「一番ヘタクソなガイドになろう」ということでした。
下手でいいと思っているわけではありません。でもそうでも思わないと、ガイドを始める勇気が出なかったのです。

今でも英語ガイドになって、一番大変なのは、何をしゃべるかの情報を集めること、そしてその情報をどう楽しくしゃべるかと考えることです。ただ事実を羅列してもちっとも面白くないのでね。英語は最後です。

でももっとガイドに大事なのは、体力だと最近思うようになりました。
穴をあける訳にはいかない仕事なので体調管理は大事だし、大きな声でしゃべり続けるにはかなりのエネルギーがいります。しかも1回のガイドで2万歩近くを歩きますので、本当に体が資本です。

今のところ、精神的にバテることはあっても、体力でバテていないので、もう少しがんばろうと思います。
1年経って、ようやくそう思えるようになりました。

2年目、なるべく「シンプルでミスのない英語」で話すことを目指したいと思います。
その上で「笑い」も取れたら・・・ (目標高すぎ?)




... 続きを読む