上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お花屋さんできれいなグリーンの寄せ合わせを見つけたので、思わず購入。これに合う花はないかと探し、薄水色の紫陽花を選びました。 庭があればこんな自然なアレンジがすぐできるのに、マンション暮らしはお花選びに苦労します。
さて、どんな風に撮ろうかな。

IMG_9255.jpg


IMG_9275.jpg


IMG_9316.jpg


IMG_9307.jpg


こちらは先日の金沢旅行で購入した「紙ふうせん」というお菓子。
水色と白のボールの最中の中にやさしい甘さの和風ゼリーが入っています。写真を撮りたくて自宅用に購入。さっそく出番です!
IMG_9297.jpg


スポンサーサイト
 金沢に用事があったムスメに便乗して、一緒に一泊旅行をしてきました。初めての北陸新幹線!

最初は自然の写真から。色鮮やかな緑が目に飛び込んできました。
IMG_9048.jpg

紫陽花!今年は紫陽花の写真はこれだけかも。
IMG_9091.jpg

ツバメがビュンビュン飛んでいました。こういう軒先なら絵になる?電線が邪魔だけど。
IMG_9227_20160613223653bfc.jpg


妙立寺(忍者寺)友人に勧められて。こちらは裏口。散歩の途中に見つけたので。
忍者とは関係ないそうですが、忍者屋敷と呼びたいほどからくりがあります。金沢城から地下通路が繋がっていたと言われているそうです。なので、防衛対策のために寺の中は迷路のようになっていて、落とし穴あり、地下室あり。ガイドの方が、「はぐれないように付いてきてくださいね、出られなくなりますよ。」というのもまんざらウソではないかのよう。少なくともウロウロしているうちに落とし穴に落っこちる可能性あり。中が撮影禁止だったのが残念。金沢に行かれた際はぜひ。お勧めです。
IMG_9085.jpg 

さて、こちらは金沢城。夕方だったので、城の中には入れませんでしたが、美しいお城でした。
IMG_9118 (1) 

たとえば、こちらは城門。デザインが美しい!
IMG_9128_20160614003251791.jpg

 
金沢に来て、和菓子をいただきたいと思っていました。ひがし茶屋でお抹茶をいただき、お菓子が、一番期待していた紫陽花の和菓子!
IMG_3336_20160614130945446.jpg 


 尾山神社。神社なのにステンドグラスがあって、教会みたい。でも手前にはしっかり鳥居が。
IMG_3285.jpg


友人から「のどぐろ」を食べてくるようにというお達しがあって、近江町市場の近くでいただきました。でも写真を撮り忘れました!これはシメですね。
IMG_3290_20160613235540b01.jpg


尾山神社の境内。朝のお散歩。
IMG_9157_20160613222147267.jpg

ホテルに朝食を付けなかったので、モーニング探し。ムスメと行くとこういう所になります。
IMG_9177.jpg

コーヒーカップを持ち上げたらうれしい仕掛けが。四つ葉のクローバー見っけ!今日はいいことありそう。
IMG_9184.jpg


ひがし茶屋。最後に行ったので時間が無くて残念。
IMG_9224 (1)

武家屋敷跡。落ち着いていい感じ。和菓子屋さんもたくさんあって、お土産が買えました。
IMG_9190_20160613235543a5e.jpg


お待たせしました、兼六園。でも期待していた菖蒲も終わっていて、時間も無かったのでササッと。
IMG_9211_2016061323554402f.jpg


はい、こんな所も行きました。金沢21世紀美術館。
IMG_9098_2016061323554136d.jpg

体調不良だったのに一泊旅行でこれだけ回れたのは奇跡! いつも以上にカメラが重く感じられましたが、フォトジェニックなものを前にすると、「馬の前の人参」のように、スタスタ歩く私。カメラ以外の荷物を全部持ってくれたムスメに感謝!


... 続きを読む
突然の上京だったものだから、家族や友人にフラれて急遽ひとりで東京をブラブラする羽目に。
そうだ、鎌倉のアジサイ寺に行こう!とか、谷中をブラブラするのもいいかもしれない!とも思ったけれど、重たいキャリーバッグを持っていることを思い出し・・・ギブアップ。

ムスメから三宅一生展がいいらしいと聞いたので、急遽、国立新美術館へ舵取り変更!
するとまあ、ルノワール展もやっているではありませんか。ラッキー!とばかりに飛び込んだら・・・
東京の美術館忘れてました・・・5重ぐらいの人の重なりで、ルノワールの絵の遠いこと!大昔パンダを見た時や、モナリザが来た時を思い出しましたワ。(ウソ、そこまでではありません)
そこまで美術鑑賞にこだわりがないので、そそくさと出て、一生さんに向かいました。こちらはチケット購入に20分待ち程度の列が出来ていて。
地方から出てきて、しかもひとりで時間が余っている身としては、20分なんて気にならないモン!

で、展示ですが、日本人が洋服を作るとこうなるのかと合点がいきました。西洋人には作れないでしょうね。立体的な洋服を、何が何でも着物のようにたたみたい、または折り紙のように折りたたみたいという飽くなき欲求を追求し続けた結果なのですね。
展示の一部に、世界の国旗をモチーフにした洋服が並んでいたのですが、ぜひ東京オリンピックの入場式は全員ミヤケイッセーの各国の洋服で入場して欲しいものです。
展示方法もプロジェクトマッピングや写真を使ったモノもあり、面白かったです。

下記は提灯のようにたたんで、すべて平らになる洋服?です。これは巨大なディスプレイですが 。IMG_9035_convert_20160605222210.jpg


IMG_9039_convert_20160605231443.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。