上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
字幕屋に「、」はない (字幕はウラがおもしろい)字幕屋に「、」はない (字幕はウラがおもしろい)
(2013/09/05)
太田直子

商品詳細を見る



これは映画などに英語字幕を付ける方のエッセーですが、英語に関する話はほとんどでてきません。
わかってはいましたが、翻訳って、日本語ができる人がするものなんですよね。

字幕は特に、しゃべっている台詞の長さ1秒につき4文字までという制約があるそうです。
本文より例を引用しますと、
I'm not lying.
「嘘じゃないわ」とすると6文字で、この1秒の台詞には長すぎるそうです。そこで、「本当よ」という3文字の訳を選ばざるを得ないそうです。

そんなご苦労をなさっているとも知らず、なんかこの字幕ヘンじゃない?と思ったこともあったりして。
字幕屋さん、ごめんなさい。

洋画は字幕で見たいと思っている人、必見です。



(この方の日本語はダジャレオンパレードです。気軽に読めておすすめです。)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。