日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
(2011/08/25)
蛇蔵、海野 凪子 他

商品詳細を見る


いつも好きで読んでいる「日本人の知らない日本語」のチーム蛇蔵さんと凪子先生の本です。
凪子先生は国文の出なのですね。しかも幼少から古典に馴染んでいらして・・・

サブタイトルは「ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典」です。
そのひとりひとりにキャッチーなコピーが付いているのです。

例えば、
安倍晴明(大鏡)「伝説になった高級公務員」
藤原道長(御堂関白記)「男の夢コンプリート」
源頼光(今昔物語集)「イケメン戦隊の司令官」
菅原孝標女(更級日記)「夢見るオタク少女」
兼好(徒然草)「脱サラ・フリーランサー」

なかなか面白い視点ですよね。
古典が好きで、もう自分のイメージがある方には向かないと思いますが、私のように名前と著書を一致せよという古典のテストレベルしか知識を持ち合わせていない人にはオススメです。

いつか古典を原文?で読んで楽しみたいという夢があるので、今は自分が興味を持てるようにやさしいレベルから誘導しているところです。(これはマンガなので読みやすいです)

多読的に、
マンガ→子ども向け抜粋→現代語訳抜粋→現代語全訳→古語抜粋→古語原書
の順にいけばたどり着けるでしょうか。


読んでみたいのは「枕草子」か「更級日記」
いつもの読書でも一番好きなジャンルは女性のエッセイなので、ここからなら始めやすいかもしれないと思ったのです。

古典好きの方、アドバイスをお願いいたします。

Secret