古本屋さんで見つけて購入。
珈琲店という名前がツボ。場所が京都となればなおさら。

私、ご当地ものが好きなのかな。「ビブリア古書堂」は鎌倉だったし。

ただ書体は若い人向けかな。ちょっと日本語が読みにくかった。話飛ぶし。
でもそのうち慣れるでしょう。まだ続きがあるようだからどこかでお目にかかったら手に取りましょう。

次回どなたか小説を書いてくださるのなら、金沢の骨董品店などを舞台にした作品はいかがでしょう?
マニアックに古美術を解説してくださっても付いて行きます!

Secret