上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、英語の先生からこの茶器をもらいました。
お礼に写真を撮りました。

日本にお嫁に来て数十年。数年前に日本人のご主人をなくして、結局帰国を決断されました。日本の法律は外国人女性がひとりで老後を過ごすのにやさしくはないそうです。なんだかとっても残念。一緒に働いてここで生きてきたのになんででしょう。

数十年の思い出の物があったはずなのに、帰国はスーツケースだけの荷物にするそうです。

私だったら何をスーツケースに入れるでしょうか。
カメラとパソコン。数冊の本。本当に必要なのはそんなに多くはないのでしょうね。と雑多に散らかった部屋を見ながら考えます。

IMG_8640_2.jpg


最近、90歳に近い両親の家を見て、その荷物の多さにため息がでます。どうするのでしょう、この荷物。
戦争中の物のない時代を生き抜いてきた世代。ゴミを出す事に罪悪を感じる世代。結局物も空気も淀んだ空間。

振り返って我が家を見回してみると、物こそ親世代より新しいけど、結局後30年経ったら同じような空間になるのでしょうね。

さあ、考えるよりまず行動。新しい空気を招き入れるためにも不要な物を処分しなくては。そして、物を増やさない生活を!

というのが理想なんだけど・・・


まあ、お茶でもいれましょうかね。






Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。