FC2ブログ
オンライン英会話のDMMを始めてから3年が経ちました。
総計の時間は下記の通り。

dmm.jpg

これは274時間25分になります。
日数にすると659日、1095日あったはずなので、ざっと60%の受講率です。(悪いなぁ)
でも今年の4月からはちょっと心入れ替えているので、4月からの受講率は85%。まあまあですね。

659日受講したことになりますが、リピートする先生は限られていて、多分300人近い先生に出会って話していると思います。
私が人生で一番多く話している外国人はセルビア人ですって、驚きじゃないですか?
フィリピンの先生も多くいらっしゃいますが、セルビアの先生の方が気さくで友達みたいに喋れるので、私はセルビアの先生を選ぶことが多いです。
フィリピンの先生もすごくいい方達ですが、時々「先生」らしすぎて疲れることもあります。「先生」らしい先生を選ぶならフィリピンの方かな。

後は新しい国の人がいれば、その方達を選んで、その国のことを聞かせてもらったり。アフリカでは、ケニア、ガーナ、ボツワナ(?)、ジンバブエ。ヨーロッパでは、セルビアを始め、ハンガリー、ルーマニア、マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、ラトビア、トルコなどの先生がいらっしゃいました。後は、インド、スリランカでしょうか。
今はネイティブの先生は受けられなくなりましたが、以前は混ざっていたので、アメリカ、イギリス、南アフリカ、オーストラリアの先生とお話ししました。
結構バラエティに富んでいますよね。

近くの英会話教室ではこういう経験はできませんから、オンラインは面白いと思っています。
いろいろな国の人としゃべると、頭の中の白地図に少しずつ色が付いていくようで、楽しいです。
まずは、世界地図を広げるところからです。

なかなか英語の「勉強」をしていしないので、TOEICや英検という形での伸びは感じられませんが、明らかにしゃべりは早くなった気がします。
英語力ってなんでしょうね。
点数には表れないけど、DMMのおかげで、昔憧れていた英語ペラペラには確実に一歩近づいたと思います。

TOEICが伸びないので、下記の本を読みましたら、900点になかなか届かない人の多くは、単語力に問題があると書いてありました。


英検1級を受けることもあって、超難しい単語を覚えようと思っていましたが、その前に、中級レベルの単語に抜けがあるとダメだと書いてありましたので、中級レベルの単語の抜けを潰すことにしました。
単語集は何周も回し、さらに3冊ぐらいこなした方がいいそうです。
でもそれは私には無理。(きっぱり)
でもそれに代わるいいものを見つけました。スマホのアプリです。
今はこちらにハマっています。

mikan

その前には「えいぽんたん」という英単語アプリをしていました。
これはお遊び部分が多くて、間延びしていました。(そう思うくせに、最後までコンプリートしてただ今総復習中。)

mikanは4秒(自分で設定する)1語を見ていくので、100語でも5分程度です。
とにかく中級英語からしらみつぶしにしていくにはこのぐらいのスピード感が私にはちょうどいいようです。
もちろん問題もあります。1単語に1語の日本語ですから、簡単な英語でも訳語が「え〜?」って思うものもあります。
ま、このアプリではこの意味ね、ぐらいの気持ちでサラッと流します。
なので、いろいろなアプリをするといろいろな訳語があり面白いです。

英単語力が付いても英語力が付くわけではありません。
そこからたくさんの英語を触れる時に、少しはラクに、抵抗感がなく英語が読めるかな?程度です。
初見英語で詰まらず停まらず勘違いしないで読めるようになりたいですね。

仕事をする時に、もう少し英語に自信が持てるような点数が早く取りたいものです。







Secret