FC2ブログ
ずいぶん前に購入して、途中で止まっていた本を読了させました。

お話は、若い女性の書いた本らしく、ほほえましい驚きを綴った本です。「フランスすごーい!」というあこがれが詰まっています。
ただこの本が面白いのは、この本を書いたのがアメリカ人の女の子というところ。
アメリカ人もフランス(特にパリの元貴族の生活習慣)に憧れるんだ〜という発見が目新しかったです。




翻訳がうまいのか、日本語が平易で思わず原書ではどんな英語なのかと脳内再翻訳してしまいました。
久しぶりに多読復活させるためにも原書を読んでみるかな、と思ったり、内容は・・・なので、続編にしてみようかなと思ったり。
どうしましょ。


Secret