記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)
(2011/01/07)
坪倉優介


久々の和書。
仕事場の生協は、時々面白い選本をするので、月に1度は用がなくても本棚を眺めに行きます。
一般書は本棚2つ分程度しかないので、本の量は多くないのですが、面白い本に出会うヒット率はかなり高いです。

さてこの本もそこでゲットした1冊です。

記憶喪失というのは様々な程度があるでしょうけれど、こんなに大変なものかと初めて知りました。
途中で、結末が知りたくなり、最後を先に読んでしまおうかと思ったほどです。
(これはノンフィクションです)
こんな本を書いているのだから、ある時いっぺんに記憶が戻ってハッピー!な話かと思ったのですが、現実は厳しく。でも事故後もしっかり現実を受け止め、前向きに生きてきたからこそ、染織家として独り立ちし成功を収めたのだと思います。(染織家として成功した後、事故のことを知った人が本にしないかと持ちかけてきたそうです)

ご本人の努力の陰に、お母様の必死さがあり、お父様の豪快な決断力があるように思いました。


Secret