梅雨の時期でもあるし、なかなか写真を撮る時間がありませんでしたが、ようやくルーの散歩時間に写真が撮れました。


名称未設定イベント - 11

去年ねじ花が咲いていたところを随分前から「今年はまだかな」と探していましたが、今年はまったく見あたらず諦めていました。
でも昨日別なルートをお散歩していたら、ありますあります、ねじ花。よかった!
昨日はカメラを持っていなかったので、女の子たちに摘まれてしまったらどうしようと心配していましたが、今朝もちゃんと咲いていました!
とってもうれしいけど、ねじ花やシロツメクサを摘まない女の子の人生ってちょっとかわいそうと思ってしまいました。最近は花を摘むほどの時間の余裕がないのでしょうか。
たくさん摘んでは欲しくないけど、ひとつふたつ摘んでお母さんにおみやげにして欲しものです。
きっと後で豊かな思い出になるでしょう。



IMG_0024_20110702014009.jpg

せっかくマクロを買ったのに、たんぼぼのわたげを撮らずに季節が終わってしまうところでした。
たまたま季節外れのわたげを見つけて。
ラッキー!
来年は三脚を立てて、綿毛の旅立ちの瞬間を撮りたいものです。


名称未設定イベント - 14

シロツメクサ。
定番ですがちゃんと撮っておかないと。
先端が薄ピンクでかわいいです。



IMG_0012_20110702014010.jpg

今はくちなしがいい匂いを放っていますね。
くちなしの匂いが漂ってくると、私は幼い頃のバレエ教室を思い出します。
一番最初のバレエ教室は、近所の団地の中の集会所でした。
いつも窓は開け放たれ、梅雨時期には窓の近くに植えられていたくちなしがむせかえるほど匂っていました。
梅雨時期というのは、毎年夏に発表会をしていたバレエ教室の生徒にとっては、本番前のそろそろ緊張してくる時。新しい衣装もできて、濡れないように大きなビニール袋をかぶせて大事に運びます。
そんな緊張感や高揚感をクチナシの匂いは思い出させてくれます。
ぽってりとした無垢な白は、私にとって白鳥(の湖)の白です。



名称未設定イベント - 26


名称未設定イベント - 21

アガパンサス。
白と紫。
さわやかな花ですよね。
この群生を撮りにいきたいものです。

Secret