最近、木工ガールという言葉があると知りました。
木工は、ほとんど男性の仕事と思われていましたが、今時の女子は、木工もするそうな。

我が家では、大工道具は主人より私が使いますが、それでも「木工」はほとんどしたことがありません。
マンションで作る場所がないし、音が出せないということもあります。

でも震災以来、なんだかわけもなく「スローライフ」「手作り志向」になっていて、先日、飾り棚を手作りしました。(左側)
といっても、ホームセンターで木材を切ってもらって、ちょこちょこって組み立てただけですけど。

My Favoritesな物を並べて、塗る色を思案中。
焦げ茶にするか、白にするか・・・



IMG_0899.jpg



こちらは、随分前から「木工ガール」という、木工の先輩の指導で作った2作目です。(上記写真右側)
(左側が私の。右は友人作)
自作のハガキをディスプレイするための棚です。

RIMG0076_20110810203301.jpg


それにしても、友人宅の広いお庭。
何でも出てくる万能物置。
丸鋸、電動ドリル、電動ドライバー、金指、やすりが数種類、延長コードなどなど。日曜大工に整った環境。

憧れます・・・・


色が塗れたらまたアップしますね。

手作りを始めた理由のひとつに、友人hananiwaのMychikoさんの言葉があります。

多少「モノ」にこだわりのある私が、「好きな物が売っていない」と嘆いたら、
「無ければ自分で作ればいいじゃない」のひと言。

彼女のアトリエは、壁も棚も彼女の手作りです。
だからあったかい。
だから居心地がいいのですね。


目からうろこでしたね。
そのうち、壁は漆喰で塗り直し腰壁を作ろうと企んでいます。

(いつになることやら!)
Secret