2011.10.24 はやぶさ
映画「はやぶさ」を見てきました。




我が家は昔から宇宙好きです。
主人も、私も宇宙に対する憧れがあります。

結婚当初1m四方の大きな太陽系のポスターがありました。
アポロ11号のモジュール模型もあります。
ヒューストンのNASAにも見学に行きました・・・

でもはやぶさに関して一番最初に盛り上がったのはムスメです。
はやぶさが最後に写した地球の写真は今もムスメと主人のコンピューターのデスクトップになっています。

ですから、この映画はとても楽しみにしていました。
そしてこれは期待を裏切らなかったです。
映画にありがちな余計な恋愛もなく、不必要に誰かが死ぬということもなく(実際ちょっとはありますが、それだけでお涙頂戴というわけではありません)ドキュメンタリー番組を見たような錯覚にさえ陥ります。
なのに(だから?)感動します。


この映画を見終わって、なんだかほっとした自分がいます。
なんだか嬉しい気分なのです。

原発の事故の後、私は知らず知らずのうちに科学の進歩に疑問を持ち始めていました。
昔、科学者に憧れていたにもかかわらず。


それがこの映画で、やっぱり「科学を信じていいんだ」と思えるようになったのだと思います。
失敗を克服し、前へ進んでいいのだと思いました。
(原発を促進するわけでは決してありません)

今日も地道な研究を続けている多くの科学者に乾杯!


Secret