2011.12.21 メビウス編み
メビウス編みというのをご存じですか?
主婦仲間に聞くと、2年前くらいにブレイクして、今はもうブームは終わりらしいのだけれど。

ショールのような編み物で、輪っかに編むもの。
でも、作り方通りに編むと、輪っかが捻れて自然にメビウスの輪になるらしいのです。

マフラーが欲しかったわけではありませんが、どうしても「どうしたらメビウスの輪になるのか?」が知りたくて編んでみることにしました。

あまり手編みっぽいのが好みでないので、ファーっぽくみえる毛糸を選びました。とにかく手触りがよくてヒトメボレ。毛糸を選んでレジのお姉さんの所へ行って、メビウス編みを編みたいのだけれど・・・と話しました。
レジのお姉様。
「こんな「目」が目立たない毛糸だったらメビウス編みにせず、まっすぐ編んで、捻って綴じたらいかがですか?」って。
・・・確かに。
でも私はメビウス編みの謎を知りたいのです。結果がメビウス編みになればいいのではなくて。

強行突破でこの毛糸でメビウス編みをしてみました。
作り方通りに作り目をすると、始めは分かりにくいのですが、次第にねじれが見えてきました。
まあ、出来たと言えば出来たのですが、メビウスになる謎が解けたかというと・・・
自分で作りながらよくわかりません。
たぶん、編み針が輪になっていて、それが二重に巻いているのがミソだと思うのだけれど。


さて、出来上がりはあまり期待通りではなかったので、ブログに書くのがためらわれるほどだったのですが、とにかく写真だけでも撮ろうと思ったら・・・

邪魔者襲来。
IMG_5224.jpg


まったく・・・
IMG_5226.jpg


こんなんなったり・・・
IMG_5229.jpg


まあ、どいたからと言って、いい写真が撮れているわけではないのだけれどね。(笑)
右下が編み針。
IMG_5232.jpg



これじゃ、rooの小屋のマットになりそう・・・うん、手触りはとってもいいのですよね。
みなさんもお高くお気に入りの毛糸で編む場合はちゃんとゲージを取りましょう。
私のはちょっと中途半端。

でも編んでいる時はふわふわで結構幸せでした。

注)編み目を作って、輪にして、そのまま永遠に左に編んでいくだけです。段を立ち上がる必要も裏編みにする必要もありません。編み目は幅のちょうど真ん中からスタートします。ずっと編んでいくと上に編んだり下に編んだりしていきます。

先日、安野光雅展に行って来ましたが、安野さんのだまし絵のようで、自分で説明していてもなんだかよくわからないままです。
興味を持たれた方、ぜひ編んでみてください。
そして私に説明して・・・!






Secret