上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
We Didn't Mean to Go to Sea: 1400 Headworms (Oxford Bookworms ELT)We Didn't Mean to Go to Sea: 1400 Headworms (Oxford Bookworms ELT)
(2008/01/10)
不明


YL 3.5
14,860語

子どもの頃図書室から借りて読んだ・・・(あれ?家の近くにあった「けやき文庫」だったかな?)大好きな「ツバメ号とアマゾン号」シリーズの中のお話です。
多読を初めてぜひ原作を読みたいと思ったシリーズで、洋書も1巻めを購入しているのですが、結構厚みがあり、英語も船の話は、「右舷、左舷、面舵、船首、船尾」などの英語がわかりにくくちょっと投げて(中断して)いたのです。ロープの結び方とかもいろいろな名前がありますよね。

これは、OXFORDのBookworms Level4です。
このぐらいの語数だとサクサクいけて、お話もハラハラドキドキ。楽しめます。
しかも最初に簡単なイラストで、船の要所の名前が書いてあり、とても親切。

海好き、船好き、ヨット好きの方、ぜひどうぞ。
これですこし海関係の単語に慣れたら、いつかもう一度原書に挑戦したいです。

原書はこちら。

Swallows and AmazonsSwallows and Amazons
(2001/10/01)
Arthur Ransome
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。