和書が続いています。

エイラがぐんぐん私を引っ張っていくので、本から目が離せません。
お願いエイラ、私に家事をさせて!


野生馬の谷 (上) エイラ 地上の旅人(3) (エイラ 地上の旅人) (エイラ―地上の旅人)野生馬の谷 (上) エイラ 地上の旅人(3) (エイラ 地上の旅人) (エイラ―地上の旅人)
(2004/11/26)
ジーン・アウル


野生馬の谷 (下) エイラ 地上の旅人(4) (エイラ 地上の旅人) (エイラ―地上の旅人)野生馬の谷 (下) エイラ 地上の旅人(4) (エイラ 地上の旅人) (エイラ―地上の旅人)
(2004/12/15)
ジーン・アウル


ずっと読んでいると、私もトナカイを狩って皮を剥ぎ、干し肉とか作れそうな気がします。
カスミソウの根を砕いて泡を出し石けんにするって、今のカスミソウでもできるのかしら?

太古の人々の知恵って、現代まで繋がっていないのだなとつくづく思います。
道ばたの草が食べられるかどうかだって、母達の世代は知っていたことを、私達は知らないし。

遠く3万5千年前の地球に思いを馳せるのも、たまにはいいものです。
時々現代の私の「早くこっちに戻ってきて!洗濯物がたまってますよ~」という声が遙かから聞こえますが・・・




Secret