好奇心ガール、いま97歳好奇心ガール、いま97歳
(2011/09/29)
笹本 恒子


ちょっと前に図書館に予約していた本。

これはお年寄りががんばっています、という本なので読んだのではありません。
この方が、日本初女性カメラマンなので、読んでみました。

なんだかスケールが違いすぎですが、とても興味深くあっという間に読みました。
カメラマンをして、洋服のデザイナーをして、フラワーアレンジをして、70歳からまたカメラマンに戻って・・・
こんな人生が送れたら幸せでしょうね。もちろん関東大震災も戦争も今回の震災も経験していらっしゃるのだから、楽しい人生ばかりでは無かっただろうとは思いますが。

「好奇心ガール」いい題名ですね。
私もいくつになっても「好奇心ガール」で、健康で忙しくしていたいものです。



以前、森毅氏の著書を読んでいて、その中で彼は「仕事は20年単位で考えよ」書いていました。20年同じ事を一生懸命やれば何か結果が出るものなので、次の20年はまた別な仕事(テーマ)ができると。人生80年。最初の20年は大人になるために必要なので、その後の60年で3つの大きな仕事ができるらしいです。

自分をあてはめるのは、おこがましいですが、私の最初の20年はクラシックバレエに専念していました。次の10年は子育てに。その後の10年は英語かな。もちろんいろいろオーバーラップしていますし、私のバレエは8歳スタートですけれど。
英語は後10年は極めないといけませんね。まだまだ道半ばです。重なるようにして今カメラが5年程度でしょうか。こちらはまだ中腹にも登ってないですね。
最後にやりたいのは、たぶん俳句。まだまだ先と思うので、手を付けていません。
もちろん、すべて健康が許されればの話ですけれどね。



最近、自分の「老い」を感じてきていたので、この本を読んで、ちょっと元気をもらいました。


ところで彼女のおばあさまは、黒船を実際に見たそうですよ!!
もう歩く歴史書のようです。
みんなで長生きして、歴史を語りましょう!





Secret