風景のあとに―カレンダーのくれたもの風景のあとに―カレンダーのくれたもの
(2008/06)
椿野 恵里子


著者が、たまたま私と同じ形のカレンダーを作っていることを知り、興味を持ちました。
お若い方のようですが、私達が懐かしいと感じる風景です。(私よりもう少し上の方が懐かしいと感じるかもしれませんね。昭和初期のイメージでしょうか。)

写真もですが、エッセーもよい感じです。田舎で育ったと書いてありますが、それが今はやりのスローライフな感じで心に響くのでしょうか。

写真のイメージが、生活を表しているのではないことは私がよく知ってますが(笑)、断捨離など無縁のシンプルライフ、憧れます。

彼女の回りだけ、空気が丁寧に動いているような感じがしました。


Secret