上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の年賀状はいつも家族写真です。
写真の年賀状には賛否両論あると思いますが、それでも20年間我が家流を通してきました。

息子が生まれた次の年は、娘が弟を抱っこしている子どもだけの写真を一度だけ使いましたが、その後はずっと家族4人の写真です。
我が家流というのは、たいしたことではありませんが、スナップ写真を使わないところでしょうか。
毎回必ず三脚を立て、ラフすぎない格好で年賀状用の家族集合写真を撮ります。

実はこの写真を撮るのが結構大変なのです。
一番の危機は子ども達の反抗期でしょうか。「何故毎年親と写真撮らなきゃいけないのか」というクレームが出たことがありました。
まあ、そこをなだめすかしてなんとか今年まで続けてこられました。
今年は、家を離れた息子が唯一帰ってきた8月に「年賀状用の写真」を撮りました。この機を逃したら暮れまでに帰ってこないとわかっていましたので。

昨年息子が20才になって、ふと思いついて歴代の年賀状を棚に飾ってみました。
ちょうど20枚の家族写真が並んでいます。

かわいかった娘。抱っこされてる息子。
若かった私達夫婦。

20年。
長いようなあっという間のような。

時の流れを静かに感じつつ、来年の年賀状はどうしようかと今から思案中。(笑)
息子の成人を機に家族写真を終了するのもアリだなと思っているところです。

IMG_2733_20130109222501.jpg



写真を撮る時はいつも大騒動。
まずは、着る洋服選びから。
「着るものない!!」とか「そのジャケット去年も着たよ」とか。
一番の悩みは、我が家の服装がいつもダークなこと。お正月というのに全員ほとんど黒かグレーの洋服しかないのです。せめて黒だけでなく白を入れるなど、少しでも明るくなるように努力はしているのですが・・・
棚に並んだ写真を見るとやっぱり暗い・・・

7年前から犬も一緒に写すようにしているのですが、これがまた大騒動で。
子犬だった頃は、正面を向かせるのに苦労しました。
タイマーのシャッターが切れる頃におやつをカメラに向かってなげ、犬の視線をカメラに向けようと努力しました。でもタイミングが合わず・・・
投げている手が写ったり、早過ぎて地面に落ちたおやつを見つめる犬の顔になったり。
いつも30枚近く撮って1枚を選ぶのですが、ほとんど誰かが笑いをこらえた顔をしているので、ボツになるのです。
ところが最近は、どの写真も犬だけカメラ目線でばっちりかっこよく写っているのですよね。
「僕はOKバッチリですから、早く終わらせてくださいね」とでも言いたそうな顔をしています。

IMG_1499.jpg





Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。