桂よ。 わが愛・その死桂よ。 わが愛・その死
(2005/09/02)
三宅 一郎

商品詳細を見る


昔、高校生の頃、森村桂さんを読みました。天国に一番近い島とか・・・
多才な方でしたよね。
でも彼女の一生の後半は前半のような明るさはなかったようです。

精神を病むとはどういうことなのでしょうね。誰でも陥る落とし穴のようなものでしょうか。それとも体質のように生まれたときから「原因物質の卵」のようなものを持っているのでしょうか。

ご主人から見た素顔の森村桂さん。最盛期を知っているが故に胸が痛みます。

(図書館本)

Secret